Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

Webプロデューサーの仕事とは? 仕事内容や仕事に取り組む心構え・ポイントを解説

「Webプロデューサーの仕事とは?」「Webディレクターとの違いって何?」ここでは、そんなWebプロデューサーに関する素朴な疑問の解消から、Webプロデューサーの仕事内容・仕事に取り組む上での心構え・ポイントなど、業務のフェーズ順に合わせて分かりやすく解説していきます。Webプロデューサーの仕事に興味がある方や、Webプロデューサーへのキャリアチェンジを考えている方、新しくWebプロデューサーの仕事を任された方は、ぜひ、参考にしてみください。

Webプロデューサーの仕事とは? Webディレクターとの違いとは?

「WebプロデューサーとWebディレクターの仕事とは?」
——Web業界で働いていても、「実はよく分かっていない」「きちんと説明できない」という人も多いのではないでしょうか。

それも当然、両者の違いは会社もよって、とても曖昧だからです。

実際、WebプロデューサーとWebディレクターの仕事は重なるところが多く、会社によってはWebディレクターがその立場を兼ねている場合もあり、あえてWebプロデューサーという職種を置かない会社もあります。
また、求人によっては顧客との折衝はもちろん、仕事を受注する、いわば営業的な立ち回りを要求するものもあります。こうなると、営業職との違いもあやふやになってしまいます。

このようにWebプロデューサーの仕事は、雇用する会社のニーズによって大きく幅が変わります。

ただ、違いを一つひとつ紹介していくとキリがないので、本稿では「顧客との折衝を担い、仕事の受注も兼ねる」「企画立案や制作・運用計画など、制作に対し上位の業務を担当する」「制作・運用チームを編成し、そのリーダーを務める」これらを満たす仕事をWebプロデューサーと定義。以下では、業務フェーズに合わせて、仕事に取り組む上での心構えやポイントなどを解説していきたいと思います。

フェーズ1:まずは営業!仕事をとってくるのもプロデューサーの仕事

WebプロデューサーとWebディレクターの大きな仕事の違いの1つは「営業」が含まれているかどうかです。

もちろんWebディレクターの立場でも、仕事を担当している既存クライアントから新規の仕事を発注されることはあるでしょう。しかしWebプロデューサーの場合、既存クライアントが発注を想定していないWeb制作の要望の掘り起こしや、場合によっては新規クライアントの開拓なども行います。つまり、Webプロデューサーは“能動的”に営業を行う立場にあります。会社の規模によっては、営業担当を置かずに、Webプロデューサーが営業を兼務することもあるようです。

仕事を取るコツとしては、時間がかかる新規開拓よりも、既存クライアントの要望の掘り起こしや、他部署の紹介などに営業の比重を置くこと。既存クライアントと密にコミュニケーションをとることが重要となります。
クライアントとうまく付き合うポイントとしては、以下の3点を意識するとよいでしょう。

(1)進行している仕事の有無にかかわらず、月に1回以上は訪問し、Webに関する相談に乗る。
(2)Webに関するトピックをいくつか用意し、いつでも話ができるように準備する。
(3)雑談力を高める。

(1)は、どんな営業活動でも基本となることですね。既存クライアントの担当者と1回でも多く顔を合わせて、何かが起こった時に自分のことを思い出してもらえるようにしましょう。

(2)は、その延長上の話です。クライアントはあなたのことを、「Webの専門家」として見ています。Webに関する専門知識、特にサイトアクセス数・コンバージョン数上昇に関するトピックなど、クライアント側の利益につながるであろう話を持って行くと喜ばれます。
ウェブ解析士などの資格を取っておくと、さらに信頼度は高まります。もちろん大切なのは、ウェブ解析士という資格よりも、資格を取るために会得した知識の方ですが。

(3)は、オプションみたいなものと考えてください。クライアントとの距離感を図りつつ、内容を選ぶ必要があります。関係構築初期の段階であれば天気の話、深くつきあえる仲になったら個人的な話に踏み込むなど、段階を経るようにしましょう。

フェーズ2:企画を立案し、クライアントの承諾を得よう

クライアントから発注を受ける場合、こちらから提案する場合とタイミングは若干変わりますが、どちらにせよ企画立案は必ず必要となるフェーズです。

どのようなサイトを制作するのか、どのような運用をするのが望ましいのかを、クライアントにプレゼンします。その際に大切なのは、徹底的にクライアントの要望をヒアリングすることです。

これは、こちらから企画提案する際も同じです。仕事を掘り起こすには「今、このクライアントはどのような問題を抱えているのか」を知らなければなりません。その問題に対し、Webにてソリューションを提案するのです。

企画に含まれる内容は、以下のようになります。

(1)企画案
(2)構成案
(3)スケジュール
(4)見積もり

(1)は、クライアントのニーズを満たすためのプラン案。5W1Hをしっかり盛り込み、クライアントに分かるように明示する必要があります。

(2)は、クライアントの要望に沿ってワイヤーフレームを制作し、提案の中に織り込む必要があります。ですので、少なくともワイヤーフレームが書ける程度のWebの知識は必要ということになります。Webディレクターに書いてもらってもよいのですが、できるだけ自分で書きましょう。Webプロデューサーとしての市場価値はあがるでしょうし、書けることが前提の求人がほとんどです。

(3)は、WBS(Work Breakdown Structure)を作成するなどして、クライアントに分かりやすい形で提示すると喜ばれます。どこでデザインが確定するのか、いつチェックアップするのかなど、クライアントの希望と、社内の制作速度を照らし合わせてスケジュールを作りましょう。

(4)は、収益に関わる大きな要素となります。正確に工数や外注費を計算し、必要な利益を上乗せして作成しましょう。
クライアントの要望と予算が合わないことも多々ありますが、その場合はただ突っぱねることは止めましょう。今後の関係性を加味し、クライアントが希望する内容にできるだけ沿うように調整する姿勢が大切です。
この見積もりの作業がいい加減になると最悪赤字に陥ることもありますので、Webプロデューサーにとって、重要な仕事の一つと言えます。

フェーズ3:クライアント要望にこたえるチーム作り

企画が通り、クライアントから仕事を受注したら、社内に戻ってチームビルドです。クライアントの要望に沿って、その方向性とあったWebディレクター、Webデザイナー、コーダーを選定し、プロジェクトを立ち上げます。

チームの中には、協力会社も含まれる場合があるでしょう。例えば、社内でイラストやマンガが描けないならイラストレーターに発注しなければなりません。このように外注業者も、広い意味ではチームのメンバーとなりますので、連絡を密にし、良好な関係性を構築する必要があります。

チーム編成が終わったら、オリエンテーションです。オリエンテーションでは、クライアントの意向をメンバーに伝えるわけですが、その際にクライアントに提出した企画書や、もし可能ならば、社内向けにアレンジしたレジュメなどを作ると、メンバーも業務内容を把握しやすくなります。

ただし、時間をかけて社内向けの資料を作るのは止めましょう。時折、PowerPointと一日中にらめっこして、見栄えにこだわって社内向けの資料を作る人がいます。時間が勿体ないですし、シンプルで分かりやすい資料のほうがメンバーには喜ばれます。

フェーズ4:進捗管理とチーム内コミュニケーション

チーム編成が完了したら、必要な落とし込みを行ったら、制作フェーズへ。この段階になったら、Webプロデューサーにできるのは「現場に任せること」だけ。信じて任せるのが仕事です。

では、Webプロデューサーは何をするのか。大まかには以下の3つに分かれるでしょう。

(1)スケジュールの確認や制作物や企画の方向性のチェック
(2)メンバーからの質問に対する確認作業
(3)メンバー内のモチベーション維持

(1)は、提案時に提出したスケジュールに沿ってプロジェクトが動いているかの確認です。チーム体制によってはWebディレクターが担当することもありますが、後に述べるクライアントとのやりとりの中で必ず必要となる要素なので、Webディレクターに任せっぱなしにせず、自分でも把握しておかなければなりません。

(2)は、クライアントとのやりとりの中で、Webプロデューサーしか知り得ないことがあります。どんなに綿密にオリエンテーションをしても、実作業に入った時にしか露見しない問題は必ずあります。このような状況時のジャッジを下せるのはWebプロデューサーしかいません。
場合によってはクライアントの意向を確認し、プロジェクトが破綻しないようにコントロールしつつ判断する必要があります。

記3つの中で重要かつ難しいのは、(3)です。
プロジェクトの規模が大きければ大きいほど、メンバーの疲弊は大きくなっていきます。この疲弊とは体力的な問題ではなく、いわば心の疲弊です。特にゴールが見えない状態になると、メンバーのモチベーションは累積的に減衰していきます。

こうした状況に置かれた場合にこそ、Webプロデューサーの出番。モチベーションを維持するためには、メンバーの趣向や性格を理解し、大きな心で接することが大切です。チームを編成していない時にも、昼食を一緒に食べるとか、夜に飲みにいくとか、積極的にコミュニケーションをとっておくと、メンバーの心の変化にも早い段階で気づくことができます。

ここで大切なのは、上手にコミュニケーションをとるというよりも、メンバーに対して「あなたの仕事を尊敬しているよ」という態度で接すること。相手の承認欲求をしっかりと満たしてあげることができればモチベーションアップにつながります。

フェーズ5:サイト制作中のクライアントとの交渉

サイト制作時も、当然のようにクライアントとの折衝は発生します。タイミングとしては、以下の2点となります。

(1)デザイン提出時
(2)チェックアップ時

この2点に関しては、必ずクライアントから何かしらの要望があるものだと覚悟してください。

クライアントの要望を受けたらメンバーに修正などをお願いすることになりますが、場合によってはメンバー側から反発を受けることもあります。特に何度も修正依頼がきて、際限なく修正が続く場合、メンバーの反発が強まる傾向にあります。
このような場合には、ある程度のところで「この修正で最後にしてください」など、クライアント側に譲歩をお願いする必要もあります。修正を繰り返すにしても工数がかかるので、その分、予算が必要です。十分な予算をもらっていない場合などは、予算を理由に修正を断ってもよいでしょう。

その他、クライアント都合で、制作方針や素材の入れ替えなどが発生することもあります。これはフェーズに限らず発生することですが、基本的には快諾する方向でよいでしょう。ただし当初の構成案と著しく変更が加えられる可能性がある場合は、あらためてクライアントと話をする必要があります。

このようにWebプロデューサーは、クライアントとメンバーの板挟みになることが多々あります。そういった状況に備え、クライアントともメンバーとも綿密なコミュニケーションをとり、良好な関係性を保つ必要があります。

フェーズ6:納品時に次の仕事がもらえるコツ

長いプロジェクトが完了し、ようやく納品にこぎつけました。ホッと一安心ですが、ここでWebプロデューサーの仕事は終わりではありません。

最初にお伝えしましたが、WebプロデューサーとWebディレクターの違いは「営業」があるかどうかです。納品が完了したと同時に、次の仕事がはじまるのです。

飛び込みやテレアポをするより、既存クライアントから仕事をもらうほうが効率的です。特に納品時は、クライアントとの接触が密で、自分をアピールする最大のチャンスです。

請求書をメールか郵便で送りっぱなしになっていませんか?

請求書を送るタイミングは、会うチャンスでもあります。できる限り、持って行くようにしましょう。その際に今回の仕事内容についての感想を聞いたり、プロジェクトの苦労話を共有したりするのもよいでしょう。

ここで売り込むのは、会社ではなく自分自身です。クライアントはあなたを見込んで、仕事を託してくれるのです。自分磨きを怠らず、常に最新のWeb情報を仕入れ、会社の代表としてWebプロデューサー業に邁進してください。

まとめ

いかがでしょうか。Webプロデューサーの仕事について、業務のフェーズ順に紹介しました。Web制作において欠かせないポジションであること、重要なポジションであることは理解してもらえたと思います。決して簡単な仕事ではありませんが、おさえるべきポイント・コツはあります。Webプロデューサーの仕事に興味がある方や、Webプロデューサーへのキャリアチェンジを考えている方、新しくWebプロデューサーの仕事を任された方など、誰かの新たなキャリアへ繋がる一助となれば幸いです。

Webプロデューサー求人を見てみる

Webのお仕事選びは
Webistにお任せください。
Webistに登録する(無料)

お仕事検索

Webクリエイター系職種から探す
Webエンジニア系職種から探す
広告/出版クリエイター系職種から探す
その他の職種から探す
雇用形態から探す
こだわり条件から探す