Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

ハローワークって何をしてくれるところ?

「ハローワーク」その名前は聞いたことがあるけれど「どのようなことをしてくれるのか分からない」という方も多いでしょう。このページでは、ハローワークについてお伝えします。

ハローワークとは?

公共職業安定所の呼称を「ハローワーク」といい、国民に安定した雇用機会を確保することを目的として、求人情報の紹介・仲介などを行っています。取り扱っている求人情報としては正社員からアルバイトまで様々で、事業主側が無料で求人を掲載できることもあり、非常に多くの求人が掲載されています。

求人検索は、インターネットで「ハローワーク 求人情報検索」などで検索をすると、「ハローワークインターネットサービス」が表示されるので、自宅からでもハローワークの求人を検索することができます。しかし求職登録をしなければ、すべての求人を確認することはできません。登録手続きはハローワークで行わなければいけませんが確認できる求人数がかなり増えるので、真剣に転職をお考えの人は求職登録をしておいたほうがよいでしょう。

なお、就業中の人でも求職登録ができますが、退職の時期がはっきり決まっていない人は受けられるサービスを制限される場合があるようです。就業中の人は、事前にハローワークに問い合わせると安心です。

求人検索で見つけた求人や紹介された求人の中で興味があるものが見つかったら、ハローワークの職員が企業に直接連絡をして、面接日程を取り決めてくれます。自分で企業に電話を行うのは、緊張して失敗してしまう可能性がありますが、一度ハローワークが電話をしてくれることで、安心して面接までの流れを作ってくれるのです。また、地域によって対応は異なりますが、ハローワークでは心理カウンセリングを受けることもできます。転職が上手くいかない時は利用してみるとよいでしょう。

退職後の失業保険の受給手続きも

仕事探し以外にも、ハローワークでは退職後の失業保険の受給手続きができます。以下、受給手続き・受給の注意点についてご説明します。

「離職票」と「雇用保険被保険者証」の提出

失業者の再就職を支援する目的で支給される「失業保険」は、ハローワークで申請を行います。手続きを行うためには、「離職票」と「雇用保険被保険者証」が必要になるので、前の勤め先から受け取っておくようにしましょう。

退職の理由によって給付開始日や給付期間が異なるので注意が必要

失業保険の受給は、退職の理由によって給付開始日や給付期間が異なります。「自己都合」で退職した場合は、退職後にすぐに手続きを行ったとしても3カ月間は失業保険が給付されず、給付期間は90日~150日と設定されています。会社都合で退職を行った場合は、手続き後の約1カ月後から給付が開始され、給付期間は90日~330日と設定されています。退職の理由によって給付開始日や給付期間が異なることを覚えておきましょう。

失業保険以外の給付金の手続きも

ハローワークは失業保険以外にも、各種給付金の申請窓口になっています。当該者は忘れずに申請手続きを行いましょう。

申請できる各種給付金の種類は大別すると「求職者給付」「就業促進給付」「教育訓練給付」「雇用促進給付」の4つがあり、さらに細分化されて、様々な名称の給付金として求職者に給付されます。

ハローワークで支給される給付金に共通していることは、給付金の対象者が「求職者」であるということです。給付金の目的は、求職者の支援という名目であるため、求職活動を行っているか、何らかの理由で就職活動が難しい方に支給されます。

受給資格については給付金の種類によって異なるので、事前に調べて該当する内容を把握しておきましょう。

求職者支援制度も活用しよう

ハローワークには求職者支援制度があり、無料で職業訓練を受けることが可能です。受講制限がありますが、うまく活用することでスキルアップを図ることができます。

また、受講者の中で条件を満たしている人は、最大で月10万円まで職業訓練受講給付金を受け取ることもできます。受給条件は厳しく、一部紹介すると「雇用保険被保険者でないこと」「雇用保険の受給資格がないこと」「本人の収入が月8万円以下であること」「世帯収入が25万円以下であること」「世帯全体の金融資産が300万円以下であること」などがあります。職業訓練を受ける前に、自身が該当するのかを確認しておきましょう。

職業訓練の内容は地域によって異なり、介護や医療事務、パソコン/Web関連、ネイルなど、様々な講座から選択することができます。今後、自分のキャリアアップのためにどうしていけばいいのか、明確にすることが職業訓練を受ける意義になるので、自己分析をしっかりと行ってから講座を選ぶようにしましょう。どのような講座を選べばいいのか分からない人は、ハローワークで一度相談してみることをおすすめします。

なお、職業訓練は基本的に無料で実施されていますが、講座の内容によっては数千円~数万円の自己負担がかかるケースもあるので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ハローワークについて少しでも理解が深まりましたでしょうか?ハローワークは「仕事探し」「各種給付金の手続き」「職業訓練」などを支援してくれる場所です。上手に活用して就職・転職を成功させましょう。

お仕事検索

Webクリエイター系職種から探す
Webエンジニア系職種から探す
広告/出版クリエイター系職種から探す
その他の職種から探す
雇用形態から探す
こだわり条件から探す