Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

福岡のIT/Web系企業に転職したい!東京との違いを徹底解説

東京から福岡に移住したいという方は多くいます。主な理由として挙がるのは、福岡の住み心地の良さです。豚骨ラーメンや水炊き、うどんといった食文化はもちろん、インフラや商業施設が整っていること、海や山といった自然環境があること、家賃が安いことなどが移住の決め手となっています。また、福岡はアジア圏の近くに位置しているため、旅行好きの方からも人気があります。
しかし、移住をする前に決めなければならないことがあります。それは転職先です。転職先が決まらなければ、「いつ頃から?」「どこのエリアに?」といった移住計画がなかなか進みません。そこで今回は、東京のIT/Web系企業から福岡のIT/Web系企業に転職する上で、気になる転職事情をご紹介します。

福岡に転職すると年収は下がるの?

東京の企業から福岡の企業に転職する方の多くは、年収が下がってしまうのではないかと不安に思っているはずです。個人の能力や職業によって差はあるものの、やはり、年収が下がってしまう可能性が高いのが現実ですが、その差がどのくらいあるのでしょうか?まずは福岡と東京の最低賃金/平均年収を比較してみましょう。

・福岡の最低賃金814円(平成30年10月1日~)/平均年収277.5万円
・東京の最低賃金985円(平成30年10月1日~)/平均年収373.1万円
※最低賃金は平成30年度地域別最低賃金改定状況を参照
※年収は平成28年賃金構造基本統計調査を参照

上記を見ると、福岡と東京の最低賃金には171円、平均年収には95.6万円もの差があります。なぜ、このような差が生まれるのかというと、福岡は東京よりも地価や物価が安く、生活にかかる費用が低いためです。しかしながら「年収が下がったとしても生活の質は大きく変わらない」「むしろ、東京よりも広々とした家に安く住むことができて生活の質が向上した」といった転職者の声も少なくないようです。

年収が下がったときの対処法

どうしても年収を下げたくないという方のために、いくつか対処法をご紹介します。

リモートワークで働く

今、勤めている企業を退社せずに、リモートワークで働くという選択肢があります。会社との交渉次第ですが、年収が下がらずに福岡へ移住できる可能性があります。リモートワークをすることによって、周囲の環境を気にせず業務に集中して生産性が向上します。また、通勤する必要がなくなるため、住む土地を自由に決めることができるといったメリットもあります。ただし、日本の企業のなかでは、まだまだリモートワークを採用している企業は少ないところが現実であり、採用している企業を探すことに難航する可能性はあります。

副業で稼ぐ

副業を許可している企業に転職できた場合に限りますが、ブログやサイトの運営をして広告収入を得ることで、東京にいたころの年収を保つことができるかもしれません。副業で成功するためにも、東京で営業活動を行い、良いクライアントを見つけておくことが大切です。また、副業をすることで、さまざまなスキルや知識が身につくため、本業にもそれらを活かすことができることも可能です。

転職先を見極める

入社して間もないころは年収が低いかもしれませんが、成長性の高い会社に転職することで、将来的に東京にいたころの年収を取り戻すことができるでしょう。そのためには、転職先をしっかり見極めなければなりません。福岡には、急成長を目指しているベンチャー企業やスタートアップ企業が数多くあります。モチベーションの高い企業や社員ともに自分自身が成長できることでしょう。また、そのような企業は副業が可能であったり、出勤時間が遅かったりと、自由な働き方ができるのも特徴です。

福岡ではIT/Web系企業へ転職が人気

福岡の企業に転職する方がIT/Web系企業を選ぶ理由は主に2つあります。

1.環境が良い

福岡のIT/Web系企業に転職する方が多い1つ目の理由は、企業の立地や収入、待遇が良いという点です。福岡のIT/Web系企業は、博多や天神、北九州といった、福岡の中心地にあることが多く、アクセスしやすいというメリットがあります。また、IT/Web系企業であれば経験・スキル、実績が重視されるため、年収が大きく下がるということはほとんどありません。時短勤務が可能であったり、フレックスタイム制を導入していたりする企業が多いため、時間の融通が利きやすいことも魅力のひとつです。

2.人材不足

2つ目の理由は、福岡のIT/Web系業界は常に人材不足だからです。福岡には、東京や大阪に本社がある大手IT企業の子会社や支店が多くあるだけでなく、ベンチャー企業やスタートアップ企業も多くあります。そのため、多くの企業が新たな人材を求めで求人を出しています。つまり、IT企業への転職希望者は有利に転職を進めることができます。

福岡に転職する際の注意点

最後に、東京から福岡の企業に転職する際の注意点を確認しましょう。

仕事を見つけてから退職する

初めて転職をする場合、今の職場をいつ退職すれば良いのかがわからないという方もいるのではないでしょうか。「すぐに新たな職場を見つけることができるだろう」「上司が苦手ですぐ退職したい」「福岡に転職すると決めたからすぐに辞めたい」という考えから、転職先が決まっていないのにも関わらず、今の職場を退職してしまう方がいます。確かに仕事を辞めてから転職活動をすると、時間にも余裕があり、集中して転職先を探すことができるでしょう。しかし、転職先が決まらない内は無職ということになり、収入もないため経済的に不安定な状態となってしまいます。さらに、長期間転職先が決まらない場合は、経歴にも空白期間が生まれ面接で不利になってしまう可能性があります。このようなリスクを回避するためにも、在職中に転職活動を進めることをおすすめします。

移住のための資金計画を立てよう

東京から福岡までの交通費や引っ越し代、住まいを借りる際には敷金や礼金といった初期費用がかかること、転職活動中にも交通費がかかることを考慮して、移住前にしっかりと資金計画を立てておきましょう。

職場の立地を調べよう

福岡に住んだことがない方は、まだ土地勘がないことから、どのような立地にある職場を選ぶべきかがわからないと思います。事前にしっかりと土地について調べ、住むとこからのアクセスを考えましょう。せっかく福岡に移住したのに、通勤に時間がかかってしまったら、プライベートの時間が減ってしまいます。

福岡のIT/Web系企業に転職しよう

福岡のIT/Web系企業に転職することで、東京とは違った暮らしを楽しむことができます。今の仕事に不満がある方や、プライベートが充実していないという方は、ぜひ、福岡のIT企業に転職してみてはいかがでしょうか。大手企業の本社や支店、子会社に転職することができれば、安定して収入を得ることができます。また、ベンチャー企業やスタートアップ企業に転職できることで、企業の成長を間近で感じることができます。自分に合った転職先をじっくり検討しましょう。

福岡県のWeb業界の求人を見てみる>>