Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

Webデザイナーって需要ある?今後の働き方について考えよう

Webデザイナーは、自分が作成したサイトに多くのユーザーに閲覧していただいたり、売上アップに貢献したことでクライアントから感謝されたりと、魅力的でやりがいのある仕事です。しかし、そのようなやりがいを感じていたとしても「Webデザイナーの需要はいつまであるのか」「Webデザイナーに将来性はあるのか」といった疑問を持ちながら、Webデザイナーの仕事をしている方は多いのではないでしょうか。不安要素があることによりモチベーションが下がり、以前ほどWebデザイナーの仕事に魅力を感じなくなることがあるかもしれません。ここでは、そんなWebデザイナーの悩みを解決するために、Webデザイナーとしての需要や生き残る方法、また実務経験が豊富な30代に向けたキャリアアップという選択肢についてご紹介します。

Webデザイナーの需要は?

Webデザイナーとして働いている方のなかには、需要や将来性を不安視しているという方は少なくありません。Webデザイナーの需要や将来性が不安視される原因は、さまざまあります。

AIの発達や簡素化されたツールの普及

AIの発達や簡素化されたツールが普及していることで、「必ずしもWebデザイナーを雇う必要性はない」そういった判断をする企業はゼロではありません。AIは、ホームページやロゴデザインなどを簡単に作成できますし、簡素化されたツールがあることによって素人でもWebデザインをすることができる時代になりました。AIの発達は多くの仕事に影響をもたらしますが、Webデザイナーもそのうちの1つと言わざるを得ないでしょう。

フリーランスWebデザイナーの存在

正社員のWebデザイナーとして働いている方のライバルには、フリーランスWebデザイナーの存在もあります。社内でWebデザイナーを雇うよりも、外注した方が人件費をおさえることができる可能性があります。そのため、フリーランスとして独立するWebデザイナーの方も増えてきています。

10代や20代などの若いWebデザイナー

正社員のWebデザイナーとして働いている方のライバルには、フリーランスWebデザイナーの存在もあります。社内でWebデザイナーを雇うよりも、外注した方が人件費をおさえることができる可能性があります。そのため、フリーランスとして独立するWebデザイナーの方も増えてきています。

このように、さまざまな不安要素があるWebデザイナーの仕事ですが、Webデザイナーの求人が減少しているわけではありません。これは、AIの作品自体が独創性に欠けていたり、”Webデザインのプロ“と”簡素化されたツールを使用した素人“との差が激しいこともあったりという理由から、プロを求める需要がまだまだあります。しかし、成長意欲のないWebデザイナーは生き残ることはできないため、自分自身の強みを持つことが必要になります。

Webデザイナーとして生き残る方法

ライバルに競り勝ち、Webデザイナーとして生き残る方法は、大きくわけて2つあります。

1.仕事の幅を広げる

自分の得意分野を伸ばすだけでなく、苦手分野や今まで触れたことがない分野にも手をつけてみましょう。例えば、Webデザイナーはクライアントの要望通りに作成することはもちろんですが、売上や顧客の獲得に貢献しなければなりません。そのために、今まで感覚でデザインをしていたという方は、売れるデザインにするためにマーケティングやSEOを学ぶことも大きな強みになります。
「ターゲットが求めているものは何か」「クライアントが提供している商品やサービスはどのようなポジションにいるのか」「どのようなキーワードをどこに入れるべきか」などを理解しているWebデザイナーは、売れるデザインを作成することができます。

2.トレンドを学ぶ

日々進化をしているWebデザインの世界では、トレンドのサービスや情報を理解してデザインに活かすことが必要です。そのためには、さまざまなサイトを閲覧し、多くのデザインに触れることが大切です。
また、TwitterやFacebookのようなSNSやブログで情報を得るだけでなく、自ら発信してWebデザイナーとしての価値を高めることも必要でしょう。第三者の評価を知るためにも、始めてみることをおすすめします。

Webディレクターへのキャリアアップも視野に入れよう

Webデザイナーとして働いているなかで、「企画の段階から関わりたい」「Webデザイナーをまとめたい」など、Webディレクターの仕事に魅力を感じている方も多いのではないでしょうか。クリエイティブスキルよりもコミュニケーションスキルで勝負するWebディレクターが増えてきている昨今、Webデザインの経験・スキルを持ったWebディレクターの市場価値は高まっています。Webディレクターへキャリアアップも視野に入れましょう。

Webディレクターの仕事内容

まずはWebディレクターの仕事のおさらいから。Webディレクターの仕事は大きくわけて4つあります。

1.クライアントとの打ち合わせ

「クライアントがどのようなものを作成して欲しいのか」をうまく聞き出すだけでなく、自ら提案することもあります。提案を魅力的に伝えるために、プレゼン能力が求められます。また、クライアントに説得力のある提案をするためには、マーケティングに関する知識も必須であり交渉する能力が求められます。

2.制作ディレクション

クライアントの要望や自分の企画をWebデザイナーやエンジニア、ライターに伝えて仕事を割り振りして、制作進行管理をします。
クライアントの要望は、具体的なものとは限りません。たとえ抽象的な要望であっても、「どういうものを作成して欲しいのか」ということを、メンバーにわかりやすく伝える必要があります。また、納期遅れを防ぐために、スケジュールやメンバーの進捗状況を常に把握しておくことも制作ディレクションの大切な仕事です。制作ディレクションには、コミュニケーション能力と管理能力の2つが求められます。

3.担当サイトの改善

サイトのアクセス解析ツールを使用して、担当しているサイトを分析します。売上が伸び悩んでいる課題を見つけ、効果的な改善案を出します。そのため、課題発見力とマーケティングの知識が必要とされます。

4.クレーム処理

万が一、デザインやコンテンツに不備があった場合は、クライアントからのクレームに対応しなければなりません。例えば、納期に遅れてしまった場合は、「なぜ、納期に遅れてしまったのか」という原因を洗い出して、再発防止の改善案を考えます。柔軟な対応力・問題解決能力が求められます。

このようにWebディレクターの仕事は、コミュニケーション能力やマーケティングの知識など、さまざまなスキルが求められますが、特に制作ディレクションにおいて、Webデザイナーの経験・スキルは有利に働きます。クライアントのデザイン要望を的確にとらえられることで、制作メンバーへの精度の高いデザインディレクションができる他、現場に無理のない制作スケジュール交渉、イレギュラー発生時の制作サポートができるなど、クライアントからも現場メンバーからも厚い信頼を得ることができるでしょう。

自己分析をしてキャリアアップを選択する

成長意欲があり、さまざまなスキルや知識を蓄えているWebデザイナーの需要や将来性はまだ安心です。しかし、「目の前にある業務を淡々とこなしているだけだ」「スキルや知識は数年前と変わっていない」というWebデザイナーの方は危機感を覚えるべきといえます。一度、自己分析をして、どのようなスキルを伸ばすべきなのかを考えましょう。また、実務経験が豊富な方や違う仕事をしてみたいという方は、Webディレクターへキャリアアップするという選択肢も視野に入れておくことで、自分自身の価値を見出すことができます。

Webデザイナーの求人を見てみる>>

Webディレクターの求人を見てみる>>