IT/Web業界に強い転職・派遣・求人サイト|Webist(ウェビスト)

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

未経験者必見!Webデザイナーの仕事内容と必要なスキル

「未経験だけど、Webデザイナーの仕事に興味がある」という方に、Webデザイナーに向いているタイプや基本的な仕事内容、さらに活かせる資格やスキルについての情報をお届けします。
「Webデザイナーはいったいどんな仕事をする人なのか」「どうすればWebデザイナーになれるのか」など、疑問を持っている方は、ぜひ、参考にしてみてください。

転職前に確認!こんな人がWebデザイナーに向いているタイプ

“デザイナー”と名がつく仕事のため「デザインのセンスがある人」「トレンドに敏感な人」といったイメージが先行すると思いますが、それ以外にもWebデザイナーには以下のような人が向いていると言われます。

・細かい作業が好きで、高い集中力を維持することができる
・第三者(サイトを閲覧する人)目線で物事を見ることができる
・アイデアが豊富で新しい企画を生み出すのが得意

また、Webデザイナーの仕事のほとんどが、自分で好き勝手にデザインをするわけではありません。クライアントの意向や指示に応えることが大切であるため、コミュニケーション力の中でも、「相手の意図を正確に聞く力」が求められます。

Webデザイナーの仕事内容は?

Webデザイナーの基本的な仕事内容は、Webサイトのデザイン制作やコーディング作業です。それぞれどんな作業をするのかご説明します。

Webサイトのデザインを作る

Webディレクターとともに、ターゲットユーザーやサイトの目的、コンテンツの中身に合わせて要件を整理し、サイトのデザインをまとめるのがWebデザイナーの仕事です。サイトのレイアウトや装飾・配色の決定、ロゴやアイコンの作成、写真加工などを行い、ユーザーにとって読みやすく、美しいデザインに仕上げていきます。

コーディングを行う

Webサイトのデザインが決まったら、HTML・CSS・JavaScriptといった言語を使用し、コーディングを行います。画像や文章の表示にはHTML、色や文字サイズの指定にはCSSの言語が必要です。そして、Webサイトに動きを出す場合は、JavaScriptを使用します。職場によってはこのコーディング作業を専業で行うコーダーが在籍しています。

Webデザイナーになるために必要ない資格はあるか?

「未経験からWebデザイナーの仕事に携わりたい」という方は、どのようにすればWebデザイナーになれるか?ここでは、そのために必要なことをご紹介します。

Webデザイナーになるには

Webデザイナーは、特別な資格が必要というわけではありません。デザインとコーディングの知識・スキルがあれば、すぐに働くことができます。知識・スキルの身につけ方としては、スクールや職業訓練校などの他、オンライン学習などで独学する人もいます。

活かせる資格

Webデザイナーへの転職に活かせる資格としては、Webデザイナー唯一の国家資格である「ウェブデザイン技能試験」をはじめ、「Webクリエーター能力認定試験」、「JWDA WEBデザイン検定」、「Webデザイナー検定」などがあります。未経験の方であれば資格取得をすることで転職への意欲をアピールできるため、面接では有利になります。

未経験でもWebデザイナーは目指せる!

未経験の方でも、必要な知識・スキルがあれば、Webデザイナーを目指すことができます。Webデザイナーになるためには必ずしも資格がないといけないわけではありませんが、意欲をアピールするためにも、是非、資格取得にチャレンジしてみてください。

未経験歓迎のWebデザイナーの求人を見てみる

Webのお仕事選びは
Webistにお任せください。
Webistに登録する(無料)

RELATED ARTICLES関連記事

お仕事検索

Webクリエイター系職種から探す
Webエンジニア系職種から探す
広告/出版クリエイター系職種から探す
その他の職種から探す
雇用形態から探す
こだわり条件から探す