Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

Webデザイナーの転職で年収アップを狙うなら!高年収人材に求められるスキルとは

最近のオウンドメディアブームや、モバイルファーストへの対応などを受けて、Webデザイナーの仕事はニーズを増している状況です。しかしWebデザイナーとして働いているとWebディレクターなどに比べて年収が低いと感じ、「年収をアップしていきたい!」と考える人も多いのではないでしょうか。実際にどう年収を上げていけばいいのかがわからず悩んでいるという人のために、高年収のWebデザイナーに必要なスキルをご紹介していきます。理想の生活を手に入れるためにも、ぜひチャレンジしてみてください。

Webデザイナーの平均年収とは

高年収のWebデザイナーについてお話しする前に、Webデザイナーの平均年収を知っておきましょう。転職サービスdodaの調査では、Webデザイナーの平均年収は357万円(男性396万円・女性334万円)となっています。20代が319万円 30代は378万円、40代が425万円、50代は-(調査なし)です。

出典:転職サービスdoda 平均年収(2017年9月~2018年8月)

20代は他のクリエイティブ職種と比較しても給与差が大きくありませんが、30代以降になってくると少しずつ差が開いていき、周囲との年収の違いが気になってくる方も多いのではないでしょうか。また、50代の調査結果がないことを見ても、若いうちにWebデザイナーを経験して別職種に移っていくという性質を持った職種であることがわかります。

Webデザイナーとして年収を上げていく場合と、別職種にキャリアチェンジして年収を上げていくという2つの方法が考えられる職種といえるでしょう。

案件は東名阪などの三大都市圏に集中

基本的にWeb関連の企業は三大都市圏に集中していることがほとんどであるため、Webデザイナーの仕事も三大都市圏に集中しています。クライアントとの対面の打ち合わせが求められる機会もあるため、大都市圏の方がWebデザイナーとしての仕事は得やすいでしょう。

在宅フリーランスとして働くWebデザイナーもいますが、残念ながらフルリモート可能な案件はまだまだ少数です。働き方改革等を受けて徐々にフルリモートや半在宅の案件が増えていくとも考えられますが、当面は大都市圏に集中した働き方は変わらないことが予想されます。また、比較的残業が多い職種のため、通勤時間が長くなってしまう場合は引っ越しも検討した方がよいかもしれません。

高年収Webデザイナーに求められる3つのスキル

高年収のWebデザイナーに求められるスキルを、3つに分けてご紹介していきます。

1.他職種のスキルを身につける

自社ページのWebデザインをやりながら販促も担当するなど、Webデザイナー+もう1つの業務に携わることで、年収アップは可能です。デザインのみを磨いていっても、給与を大幅に上げることは難しいため、複数職種を掛け合わせたスキルを求められる仕事に転職をしていくことなどで、自分の価値を高めていく方法がおすすめです。

普段仕事をしながら「どういったスキルの組み合わせで強みを得るか」を考えておくと、転職活動中にいきなり努力をするよりも遥かに効率的に技術や考え方を身につけられるため、まずは方向性を定めることから始めてみてください。

2.隣接する業務のスキルを身につける

先ほどWebデザイナーとして年収を上げていく場合と、別職種にチェンジして年収を上げていく場合の2パターンがあるとご紹介しました。別職種に完全にチェンジしなくても、隣接する業務のスキルを身につけていくことで評価を高めることも可能です。

たとえばUI/UXデザイン。その経験・スキルがあれば、デザインの上流工程である設計関連の業務を任せられる機会も増えるでしょう。あるいはディレクションを担当すれば、業務・ビジネスの流れを俯瞰したマネジメントスキルを身につけるきっかけになります。

上流工程を把握し、ビジネス視点に立てるWebデザイナーは以外に少なく、これらを身に付けていれば「仕事がしやすい」「話が通じやすい」Webデザイナーとして重宝されるでしょう。また、これらのスキルがあるとWebディレクターやプロジェクトマネージャーといった職種へのキャリアチェンジにも有利です。

3.「付加価値」のあるデザインスキルを身につける

WebデザイナーはWebページのデザインのみをやると思っている人も多いですが、実際クライアントが求めているのは、そのページで顧客を増やす、購買を増やすといった「成果」です。

例えば、デザインができるだけでなく「購買につながる」というコンセプトでディレクション&デザインができれば、さらに付加価値をつけることもできます。”売れるページを作り、ディレクションもできるデザイナー”になることができれば、もっとお金を払ってもいいから依頼したいと言ってもらう状況を作ることもできるのです。

自分自身がブランドになれば、大幅に年収アップを叶えることもできるでしょう。

おわりに

Webデザイナーは単体で年収を上げていくのが難しい職種であるため、他職種を転身していく、あるいは付加価値をつけることで年収を上げていくという方法をご紹介しました。単純にデザインだけを行うのではなく、ひとりでクライアント要望に応えられる存在になっていくことが重要です。

「デザインもできる◯◯」という存在になれば高年収を得ることは十分可能ですので、ぜひ普段の仕事から意識を変えて取り組んでみてください。

Webデザイナーの求人を見てみる

Webのお仕事選びは
Webistにお任せください。
Webistに登録する(無料)

お仕事検索

Webクリエイター系職種から探す
Webエンジニア系職種から探す
広告/出版クリエイター系職種から探す
その他の職種から探す
雇用形態から探す
こだわり条件から探す