Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

Webディレクターになる! 気になる求人内容と仕事のやりがいとは

Webディレクターは、Web制作現場では重要なポジションになります。重要な役割を担っているWebディレクターですが、その実態とWebディレクターになるために必要なスキルや知識についてみていきましょう。

Webディレクターの仕事と平均年収

WebディレクターはWeb制作をする上で、現場の責任者としての立場で動いていかなければいけません。締め切りへの責任感はもちろん管理や指示など全体を見ることと、チームを制作の完了まで導いていける力が必要になります。

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターの仕事で必要なことは、企画の立案・メンバーへの仕事のタスク割り・管理、他にも設計やSEOなど内容は多岐にわたります。そのためクライアントから提示された締め切りから逆算し、いつまでにどのようなことを終わらせるなど、仕事をチームメンバーへ割り振ることが必要です。
チームにはデザイナー・コーダー・プログラマーと言っても様々な人材がいるため、業務領域と仕事内容を把握しておく必要もあります。クライアントからの要望や、ユーザーからの要望を含めて全体のことを見渡せる広い視野が必要であるため、Webディレクターを目指す方は様々な分野に視野を広げて見ておくことが大切です。

平均的な年収

40代Webディレクターの、平均的な年収を割り出した数値を紹介します。
男性…平均年収545.2万円 平均月収34.1万円
女性…平均年収390.1万円 平均月収24.4万円
参考:平均年収.jp

Webディレクターに必要とされている要素
経験

Webディレクターには、Web制作において深い知識と実務の経験が必要になります。未経験の場合、チーム内で率先してリーダーの経験をしていると、面接などでアピールのポイントとなります。

必要な資格・スキル
資格関連

Webディレクターに必須な資格というものはありませんが、PC関連の資格をとりスキルを磨くことは必要です。すぐにWeb関係全ての資格をとることは難しいですが、知識を深めたいものや、苦手なところを補うつもりで勉強するのも良いでしょう。

コミュニケーション能力

Webディレクターは、チーム内でコミュニケーションを取るだけでなく、クライアントと現場を結びつける役割があります。より良い制作現場作りの要になるコミュニケーション能力は、Webディレクターに求められる最重要スキルとなります。

情報収集能力

いかにWebサイトにユーザーを流入させるかを考えることもWebディレクターの仕事です。そのため、マーケット調査や最新技術の情報を、いち早く入手する必要があります。テレビや雑誌、ネットなど様々な場所から情報を得る習慣を身につけましょう。

どうやったらWebディレクターになれる?

Webディレクターになるために特別なことはありません。他の業種と同じ様に求人サイトや広告から募集されています。主に経験者が募集されており、新卒よりも中途採用が多く募集されています。ひとくちにWebディレクターの募集と言っても、アプリやサイト制作など様々なものがあるので、内容を把握して自分に合ったものを選びましょう。

Webディレクターからさらなるキャリアアップを目指す
Webディレクターでスキルを磨く

Webディレクターからさらなるキャリアアップを目指すには、様々なスキルを磨いていく必要があります。Webディレクターとしてスキルアップするために転職をするケースは珍しいことではなく、いろいろな会社・仕事・現場を通して、フレキシブルに対応できるチームリーディング術やチームマネジメント術を身につけ、自身の成長へと繋げましょう。

Webディレクターで築けるキャリアパス

Webディレクターのキャリアパスは、WebプロデューサーやWebプランナー、企業の役員・経営者などがあります。現在はベンチャー企業も多いため、独立を目指してみるのも良いかもしれません。

Webディレクターを目指す人へ

Webディレクターの仕事や平均年収、求められる経験・スキルなどを紹介してきました。Webディレクターになるためには様々なことが求められますが、あせらず、一つひとつ知識・スキルを身につけていきましょう。難しい仕事ですが、やりがいのある仕事です。1歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

Webディレクターの求人を見てみる>>