Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

クリエイティブ職の雇用形態を徹底比較。正社員、契約社員、派遣社員、フリーランスのメリット・デメリット

近年、会社に勤める形態だけでなく、さまざまな働き方があります。特にWebディレクターやWebデザイナーなどのクリエイティブ職は、他の職業よりも働き方の選択肢が広い傾向があるので、「一体、自分にはどの働き方が向いているのだろう」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、そんな人のために正社員、契約社員、派遣社員、フリーランスのメリット・デメリットをご紹介します。

幅広いクリエイティブ職の働き方

正社員、契約社員、派遣社員、フリーランスなど、それぞれの働き方にはメリット・デメリットがあります。まずはそれぞれの契約について確認しましょう。

まず、正社員と契約社員は企業と直接雇用契約を結びます。派遣社員は派遣会社と雇用契約を結んだあとに企業に派遣され、派遣された先の企業の指示に従って業務を行います。フリーランスはどことも雇用契約を結ばず、業務委託契約などを結んで仕事します。

なお、業務委託契約の契約には、請負契約と準委任契約の2種類があります。請負契約は成果物を納品するまでが基本の契約です。たとえばWebデザイナーなどの場合は、納品後にクライアントからOKが出たら契約終了です。準委任契約は定められた期間内に仕事を行うのが基本の契約となります。では、それぞれの雇用形態のメリット・デメリットをご紹介します。

正社員のメリット・デメリット

正社員として働くメリットは、なんといっても安定感があることです。企業と労働者の間で期限を定めずに雇用契約が結ばれるため、いきなり仕事がなくなるということは、ほとんどありません。離職のリスクが少なく、一定額の給与を貰い続けられる可能性が高いためローンが組みやすく、将来の計画も立てやすいと言えます。

また最近では、優秀な人材の確保などを目的に、福利厚生の充実に力を入れている企業が増えています。その恩恵を存分に受けることができるのは正社員ならではのメリットです。

デメリットとしては、就業規則の順守、業務命令の受容を強く求められることです。特に、転居を伴う人事異動などは、仕事内容・環境だけではなくライフスタイルも大きく変わってしまう場合があります。プライベートにもこだわりを持つクリエイターの人も多いので、ここに息苦しさを感じる人もいるでしょう。

その他、近年、正社員になりたくないポイントとして「責任ある仕事を任せられるから」といった理由が挙げられます。仕事に対するモチベーションの持ち方は人によって異なりますが、こういった人が増えているという事実から考えると、これもデメリットの一つと言えるかもしれません。

契約社員のメリット・デメリット

契約社員は正社員と同様、企業と直接雇用契約を結びますが、「雇用期間が定められている」ところが異なります。この「雇用期間が定められている」ところは、「一つの会社・職場にとらわれずフットワークよく動ける」というメリットでもあり、「安定感がない」というデメリットでもあります。

契約社員のメリット・デメリットは正社員と対になるところが多く、「転居を伴う人事異動の可能性が低い」「責任ある仕事を任せらない」がメリットとして、「ローン審査の難易度があがる」「福利厚生の範囲が狭い」がデメリットとして挙げられます。

正社員にない契約社員ならではのメリットとしては、二重契約ができる場合が多いという点があります。ある程度の安定感がありつつ、公然と副業が許されるのは、クリエイターにとって嬉しいポイントと言えるでしょう。

派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員は前述した通り、派遣会社と雇用契約を結んだあとに企業に派遣され、派遣された先の企業の指示に従って業務を行う雇用形態です。つまり、企業側にとっては採用のリスクがない、ということです。

そのため、他の雇用形態と比べて「敷居が低い」「入口が広い」というのがメリットとして挙げられます。また、「週3勤務」「時短勤務」などの働き方ができる仕事が多く、そういった観点からも「敷居が低い」「入口が広い」と言えます。そして、契約社員以上に「一つの会社・職場にとらわれずフットワークよく動ける」というのも大きなメリットです。これらの理由から、クリエイターとして色々な経験を積みやすい雇用形態であると言えるでしょう。

デメリットは契約社員と同様、働く期間が決まっているために「安定感がない」ところです。派遣の場合、同一の職場で3年以上働くことができず、3年後には他の職場に移る必要があります。最近では「無期雇用派遣」という働き方もできましたが、やはり正社員や契約社員と比較すると安定感が劣るのは否めないでしょう。

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスのメリットは自由度の高さです。常駐型の業務であれば、働く時間に縛られず、自宅やカフェなど好きな場所で仕事をすることができます。出勤・退勤がないため満員電車に乗るストレスはなく、その時間も仕事にあてることができます。また他の雇用形態に比べて、仕事の見返りが大きく、還元スピードが早いのも、フリーランスの特徴です。働いたら働いた分だけ、収入アップを狙うことができます。

しかしながら、その自由度の高さと引き換えに全てが自己責任になる、それがフリーランスのデメリットです。仕事を獲得するところから自分で行わなければならないフリーランスは、最悪の場合、月収0円ということもありえます。クリエイティブスキルを持っていても営業スキルがない場合、フリーランスとして成功するのは難しいと言えるでしょう。

まとめ

転職を考える際には、それぞれの雇用形態のメリット・デメリットを認識しておく必要があります。クリエイターの人であれば、いつかはフリーランスにチャレンジしたい、という人も多いのではないでしょうか?ですが、他の雇用形態に比べてリスクが高いので、メリット・デメリットを天秤にかけて、慎重に判断しましょう。

お仕事検索

Webクリエイター系職種から探す
Webエンジニア系職種から探す
広告/出版クリエイター系職種から探す
その他の職種から探す
雇用形態から探す
こだわり条件から探す