Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

自分にぴったりの仕事を見つけるために!Webクリエイターにとって最適な転職時期とは?

「なるべく多くの求人の中から自分にぴったりの仕事を見つけたい」転職活動をする上で、そのように考える方は多いのではないでしょうか?そこで今回は、「Webクリエイターにとって最適な転職時期とは?」をテーマに、求人件数が多い時期とは?どのくらい準備期間が必要なのか?などの疑問を解消します。

求人件数が多い時期とは

「なるべく多くの求人の中から自分にぴったりの仕事を見つけたい」そのような方が、まず知っておくべきは求人数が多い時期です。

これはWebクリエイターに限った話ではありませんが、一般的に転職市場が活発になる時期=求人件数が多い時期は、2月中旬~3月、8月中旬~9月と言われています。これは多くの企業が、期の変わり目となる4月と10月に合わせて、採用活動を行っているためです。期の変わり目は、人事異動による後任募集や、退職による欠員募集、組織改編に伴う新規人材募集など、人の動きが激しくなる傾向があります。

その他、求人件数が多くなる時期と言われているのが、7月、12月のボーナス後の時期。これはボーナスをもらってから退職する人がいるためです。求人数が多くなる=転職者も増えるため、競争率も高くなりますが、求職者にとって理想の求人と出会えるチャンスが広がる時期と言えます。

Webクリエイターはプロジェクトの周期に注意

Webクリエイターのような専門性の高い職種の場合、上記の時期に加えて、プロジェクトの周期を考えて転職活動を行う視点も大切になります。これはプロジェクトの立ち上げや新規獲得などによる人の動きがあるためです。

プロジェクトの周期はまちまちですが、プロジェクト終了のタイミングは、期の変わり目前の3月や9月に合わせる傾向があります。そこから規模(1年・半年・3カ月など)を逆算するとプロジェクト開始のタイミングがわかり、周期が見えてきます。これはWeb業界全体の繁忙期と閑散期に、ある程度の規則性があると言えます。

同じようなプロジェクトを行う同業他社への転職を狙う場合、「今の自分の仕事がひと段落してからにしよう」と考えていると、その時期は同業他社も閑散期となり、求人数が少なくなる可能性がありますので注意しましょう。

転職の準備期間の目安

転職の準備にかかる期間は人それぞれですが、平均的に3カ月ほどと言われています。つまり4月入社の場合は1月から、10月入社の場合は7月から準備を行う必要があります。
しかし、これはあくまで平均値です。自分にぴったりの仕事を探すために自己分析・企業研究に時間を費やして、1年以上の準備期間をかける人もいます。転職の経験が少ない方は、できるだけ長い準備期間を用意しておきましょう。

スケジュールの立て方

まずは転職予定日を決めて、そこから逆算して3カ月前を準備期間と定めましょう。そして、退社のタイミングも決めます。次の仕事が決まっても、すぐに今の仕事を辞められるわけではありません。退職するには、「退職の希望の意思を1カ月前に示す」などが就業規則で決まっている会社がほとんどですので、事前に確認しておきましょう。また、Web業界は納品日が決まっている仕事も多く、円満に退職するためにも引継ぎスケジュールをしっかりと立てておく必要があります。

次に、求人に応募する時期を決めます。一般的には1カ月程度の選考を経て結果が出ることが多いようです。転職予定日に間に合うように応募を行いましょう。複数の企業の応募する場合は、有給休暇を効率よく使うためにも、できるだけ面接日程を集中させることをおすすめします。

まとめ

一般的に日本企業では年度の始まる4月、または下半期が始まる10月に転職者が多いとされています。また、Webクリエイターの職種の場合、プロジェクトの周期に合わせて求人が出る場合があります。上記で挙げた時期は求人をチェックして、転職のチャンスを逃さないようにしましょう。

Webのお仕事選びは
Webistにお任せください。
Webistに登録する(無料)

お仕事検索

Webクリエイター系職種から探す
Webエンジニア系職種から探す
広告/出版クリエイター系職種から探す
その他の職種から探す
雇用形態から探す
こだわり条件から探す