クリエイティブなツールを知ろう!~Illustrator/Photoshop編~

クリエイティブツールであるAdobeのIllustratorやPhotoshopは、
これまでデザイン事務所や社内のデザイン部門に所属している
「プロ」のクリエイターが使っているものでしたが、
現在では「プロ」に限らず、様々な業務の方が使用しています。

プロユースなツールではありますが、
使い方や機能を必要なところだけ少し覚えるだけで、
できる業務の幅が広がります。

これまで見よう見まねでIllustrator、Photoshopに触れてきた方や、
これからIllustrator、Photoshopを使ってみようとお考えの方のために、
まずはどのようなときに、どのように使うツールなのか。それぞれどんな特徴があるのか。
作業画面や環境設定について講義内で紹介しますので、
購入時の参考にしていただいたり、これまでの作業の復習や検証にご活用ください。

なんとなく使っていたツールを改めてきちんと知ることで、
今までより作業がスムーズになり、これから学習を始めたい方にとっては、
ツールの名前や場所を覚えることで習得度を上げるヒントになる講座です。

◆解説するポイント
llustratorとは(ツールのご紹介/各ツールの名前や役割)
Photoshopとは(ツールのご紹介/各ツールの名前や役割)

◆受講者の想定スキルレベル
特になし

◆本講義のゴール
各ツールの特徴を覚える

◆持ち物
筆記用具

お申し込みはこちら

セミナー詳細

タイトル クリエイティブなツールを知ろう!~Illustrator/Photoshop編~
主催 株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
講師 島内麻衣(しまうちまい)
イラストレーター
フリーランス歴5年
TV局情報番組のフリップやテロップ、イラストなどのデザインを中心に活動中
フジテレビ「とくダネ!」クイズコーナー『脳活Johnny!』のキャラクターデザイン、クイズ用イラスト作成
フジテレビ「Mr.サンデー」スタジオフリップ作成、イラスト作成、テロップなど
日時 2018年8月21日(火)19:00~20:00
場所 株式会社クリーク・アンド・リバー社 3号館4F トレーニングルーム
参加料 ●一般:3,240円(税込)
●クリーク・アンド・リバー社会員:無料
※クリーク・アンド・リバー社会員の方はお申し込みフォームにて、
 <クリーク・アンド・リバー社会員>を選択し、
 お申込者氏名に会員番号を追記してください。
 (例)「栗行ペク子 CR-00000」
※会場で会員番号を確認させていただく場合がございます。
※クリーク・アンド・リバー社会員チケットには限りがあります。
 先着順になりますのでご了承ください。
※キャンセルの場合は、必ずメールにて御連絡をください。
※まだ会員ではない方はこちらからご登録いただけます。
 https://webist-cri.com/regist/
対象 初心者の方で、これからツール系講座を受講される予定の方
IllustratorやPhotoshopを使ってみたいとお考えの方
よくわからないまま「カン」で何となくツールを使っていた方
定員 15名
備考

1時間でクリエイティブに関わる1つのテーマのスキルを身につける講座
「One トレ(ワントレ)」

Webや広告、ゲーム、映像制作などのクリエイティブ分野で必須になる、
制作テクニックや著作権、資格取得の情報をワンテーマに絞り、
夕方から夜の1時間で“ふらっと立ち寄って学べる”がコンセプトです。
1講座からお申込みできますので、お気軽にご参加ください。
注意事項 開催1週間前に最低開催人数に達しない場合は、
延期または中止とさせていただくことがございます。予めご了承下さい。


お申し込みはこちら

PEC(プロフェッショナルエデュケーションセンター)はクリエイターの集う場所
はじめまして、PEC(プロフェッショナルエデュケーションセンター)と申します。 私たちはクリエイターが能力を伸ばすこと、チャンスを掴むこと、 ネットワークを広げることを応援するために活動しています。 クリエイターエージェンシーとして約10年の実績を誇るクリーク・アンド・リバー社が そのエージェント機能をより大きく、クリエイター本位に充実させるために蓄積した クリエイターサポートサービスが発展・独立して誕生した機関です。
活動の大きな柱は2つ。ひとつはクリエイターの生涯教育サポート。 クリエイターひとり一人に向けてトレーニングプログラムやセミナー、 フォーラム、ワークショップなどのスペシャルプログラムを提供します。 そしてもうひとつは、企業向けに研修プログラムやE-ラーニングなどを提供する 教育コンサルティング。 必要に応じてスペースレンタルサービスも盛り込み、企業所属のクリエイターに 生涯教育のノウハウを提供したいと考えています。