Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

Webデザイナーの面接対策とは?よく聞かれる質問と回答のコツ

転職を考えている多くの方にとって重要なものが面接です。企業によっては、意外性のある質問をしてくる可能性があるため、面接で聞かれる質問を完全に予想することは不可能ですが、多くの場合で聞かれる質問を前もって想定しておくことは大切です。
そこで今回はWebデザイナーの面接でよく聞かれる質問と回答のポイントをまとめました。面接前のシミュレーションに役立てたい方は、ぜひ、参考にしてください。

面接で聞かれる質問の意図を汲み取ろう!

Webデザイナーの面接で大切なのは、質問の意図を汲み取ることです。質問事項を確認して、事前に回答を考えることは大切ですが、質問の意図を理解していないと的外れな回答をしてしまう可能性があります。
例えば、「将来の夢はありますか?」という質問は、転職者の夢と企業のビジョンがマッチしているかを確かめる意図があります。企業のビジョンでは、長期間自社で働いてもらい、WebデザイナーやWebディレクター、Webプロデューサーといった職に就いてもらえるような人材が欲しいと考えます。
しかし、転職者が「将来はフリーランスのWebデザイナーとして自宅で働きたいです。」と回答した場合、企業側からの視点では、その方を採用しようとは思わないでしょう。このような回答を避けるためにも、質問の意図を理解することが重要です。

回答のポイント

面接の質問に対する回答のポイントは以下の通りです。
・結論ファーストで答える
・関係のない話はしない
・質問にもよるが、簡潔にまとめる(1分以内)
・良い表情でハキハキと答える

質問の意図を汲み取り、回答のポイントをしっかりとおさえましょう。

まずは面接で聞かれる定番の質問を確認しよう!

Webデザイナーはもちろん、その他の職業の面接でも高確率で聞かれる定番の質問をご紹介します。

「自己紹介をお願いします」

「履歴書に書いてあることをなぜ聞くのか」と疑問に思う方がいると思います。自己紹介は、名前や職務経歴を確認するためだけでなく、コミュニケーション能力や話し方の印象など判断するために質問される傾向にあります。まずは氏名を名乗り、職務経歴や実績をアピールしましょう。

「志望理由は何ですか?」

志望理由を聞くことで、面接官は転職者の入社意欲や自社の理解度を確認しています。はっきりと答えられるように、面接を受ける前に企業ホームページを確認するなど、企業研究を行いましょう。

「退職理由を教えてください」

退職理由を聞くことで、面接官は自社の働き方と合うか、適応力はあるかといったことを判断でします。
どのような理由で退職になったのかを明確に伝えることが大切です。

Webデザイナーの面接でよく聞かれる質問と回答のポイント

次に、職種がWebデザイナーの面接で想定される質問を確認しましょう。

「作品の意図は何ですか?」

Webデザイナーの面接で見せるポートフォリオに関する質問です。「なぜ、このようなデザインにしたのか」「ここはなぜこの色にしたのか」といった質問に完結にはっきりと答えられる準備をしておきましょう。

「普段どのような勉強をしていますか?」

Webデザイナーとしての向上心や情報収集能力、トレンドに敏感かを確認する質問です。具体的にどのようなことを意識し新しい情報に触れているかを回答しましょう。

「Webデザイナーになったきっかけは何ですか?」

Webデザイナーになった経緯や将来性を確かめる質問です。Webデザイナーを目指す印象的なエピソードがあると、面接官の心を動かすかもしれません。

逆質問をして自分からアピールしよう

面接の最後に聞かれる「何か質問はありますか?」という質問を投げかけられることがあると思います。その際に「入社前に準備すべきことは何ですか?」「活躍している人の共通点は何ですか?」といった質問をすると、面接官へ意欲をアピールとなることがあります。
面接官から聞かれる質問の意図を正確に理解し、的確な回答をすることで評価は高まります。事前準備をしっかりと行い、Webデザイナーの面接に臨みましょう。