Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

フリーランスのWebデザイナーって?メリットとデメリットをご紹介

今現在、Webデザイナーとして働いている多くの方が、「フリーランスのWebデザイナーになりたい」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか。フリーランスのWebデザイナーには、時間に縛られず、働く場所が自由であるメリットがあります。
しかし、収入の不安定さや自己管理の手間があるといったデメリットもあります。そこで今回は、フリーランスという働き方に興味がある方に向けて、「そもそもフリーランスとはどのような働き方なのか」「具体的なメリットやデメリットは何か」をご紹介します。

フリーランスのWebデザイナーとは

正社員は勤務している会社と雇用契約を結んでおり、派遣社員は派遣会社と雇用契約を結んでいます。一方、フリーランスとは企業との雇用関係はなく、独立して仕事をしている人を指し、クライアントと案件ごとに契約している形態です。もちろん、どこのクライアントと契約するかはWebデザイナーの自由ですし、複数のクライアントとも契約できます。
フリーランスの例として、カメラマンやライター、プログラマーといった仕事があります。Webデザイナーもその代表的な例に含まれるほど、フリーランスとして働いているWebデザイナーの方は増えており、より多くのスキルがあることで、仕事の幅が広がり、依頼や報酬が増える可能性があります。

フリーランスWebデザイナーのメリット

それでは、フリーランスWebデザイナーのメリットをいくつかご紹介します。

働けば働いた分稼げる

給料制ではないため、収入は自分次第です。正社員として企業に勤めている場合は、いくら働いてもすぐには給料に影響されません。しかし、フリーランスとして働いている場合は基本的に、案件を受注すればするほど収入が増えていきます。

時間に縛られない

何時に起きようが、何時から休憩しようが自由であるメリットがあります。朝早くに起きる必要はありませんし、一度昼寝をして気持ちをリセットすることもできます。休日も自分で決定できるため、プライベートが充実することでしょう。

働く場所にとらわれない

ネット環境さえ整っていればどこでも仕事ができます。自宅はもちろん、気分転換に近所のインターネットカフェや喫茶店などでも仕事ができます。自宅で仕事ができるということは通勤がなくなり、通勤ラッシュ時の移動によるストレスから解放されます。また、今まで通勤に使っていた時間を、Webデザインの勉強や趣味などに当てることもでき、時間を有意義に使うことができます。

人間関係の問題が起きない

上司や同僚、後輩がいないため、人間関係に嫌気がさすことはありません。Webディレクターからあれこれ言われることもありませんし、周囲を気にせず、のびのびと業務に取り掛かることができます。もちろん、クライアントとの折衝はありますが、業務は基本的に1人で行うため人間関係によるストレスはなくなります。

案件の取捨選択ができる

Webデザイナーとして働いていると、「もっと違うジャンルの案件に携わりたい」「いろいろな企業のサイトを作成したい」といった願望がでてくるのではないでしょうか。フリーランスのWebデザイナーであれば案件の取捨選択をして、興味のある案件だけを選んで仕事をすることができるでしょう。また、案件の中には報酬の差がありますが、高額な案件だけを受注することもできます。

フリーランスWebデザイナーのデメリット

次に、フリーランスWebデザイナーのデメリットを確認しましょう。

収入が安定しない

フリーランスのWebデザイナーになりたての頃はなかなか仕事の依頼がなく、収入がほとんど見込めないことがあります。また、多くのクライアントから信頼を得たとしても、時期によっては、全く案件がないこともあるので、収入に安定性はありません。
そのような時期でも、安定した収入を得るために、Webデザイン以外の仕事、つまり副業をする手があります。例えば、ブログやメディアサイトを立ち上げるといった方法です。広告収入はもちろん、ブログやサイトを見た方から仕事を依頼されることもあるので、フリーランスのWebデザイナーに適した副業と言えます。

常に勉強が必要

これはフリーランス以外のWebデザイナーにも言えることですが、新たな知識を蓄えスキルを上達させないと、ライバルに仕事を奪われる可能性があります。企業に勤めているWebデザイナーであれば、自ら動かなくても仕事が与えられますが、フリーランスのWebデザイナーは違います。どこにも所属していないため、自ら動いて仕事を探すかクライアントから依頼されるのを待つしかありません。また、いくらデザインのセンスが良くても、トレンドを理解していなければ、依頼が減るかもしれませんし必要なスキルがないことで仕事の選択肢が狭まることもあります。そのような事態を避けるには、常に流行っているWebサイトのデザインを見て、トレンドを把握してスキルアップをしていきましょう。

自己管理が大変

フリーランスのWebデザイナーは、税金対策や年金、保険の自己管理をしなければなりません。今まで会社に任せていたことを全て自分で管理するとなると、かなりの労力が必要です。また、体調不良になると、自分の代わりはいないため、仕事が滞ってしまいます。体調管理を万全にするために、食事や運動、睡眠を意識して規則正しい生活を心がけましょう。

フリーランスのWebデザイナーとして働く前に

フリーランスのWebデザイナーになるためには、ある程度の準備をしておくことが大切です。

ポートフォリオの作成

フリーランスのWebデザイナーとして営業をするときには、ポートフォリオが欠かせません。ポートフォリオは、クライアントに自らの能力や実績をアピールする重要な手段です。そのため、一切手を抜かず、しっかりと作り込みましょう。「なぜこの色にしたのか」「なぜこの文字サイズにしたのか」といった細かいことにも理由付けが必要です。

資金の確保

フリーランスになっても、すぐに仕事の依頼があるとは限らないため、数ヶ月は生活できる資金を確保しましょう。また、自宅のパソコンやインターネット環境が整備されていないと仕事に支障をきたすため、新たなパソコンを購入したり回線業者を変更したりする必要があるかもしれません。パソコンの状態や通信速度などを、今一度確認しましょう。

人脈や仲間を作っておく

フリーランスのWebデザイナーになるためには、今の職を辞める必要がありますが、ある程度の人脈を作り、信頼を得てから退職することをおすすめします。そうすると、フリーランスとして働き始めたばかりで、全く仕事がこないという状況を避けることができます。また、フリーランスWebデザイナーは1人で仕事をするため、孤独を感じる仕事でもあります。そのため、イベントやセミナー、交流会などに参加して情報交換ができる仲間を作っておきましょう。

フリーランスに向いているかを確認しよう

今回はフリーランスのメリットとデメリットをご紹介しました。一見、自宅で仕事ができて自由であるという印象のフリーランスWebデザイナーですが、収入の不安定さや自己管理の大変さといったデメリットもあるということがわかったのではないでしょうか。
フリーランスとして働くのは難しそうだが、どうしても今の職場の人間関係がうまくいかないという方や、仕事内容、賃金などに不満を持っている方は転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。Webデザイナーの求人は数多くありますし、実務経験があることで採用されやすいという傾向があるため、転職をする選択肢も残しておきましょう。

Webデザイナーの求人を見てみる>>