Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

好きな広告は?広告業界の面接で頻出する質問と回答のポイント

広告関連の会社で面接を受ける際「好きな広告やCMは何ですか?」といったような質問をされるケースが多々あります。こちらの記事では、広告業界ならではの質問と、その回答のポイントをご紹介します。広告業界に転職したいと思っている方は必見です。

広告業界で求められる人物像

まずは、広告業界で求められる人物像を確認しましょう。面接質問の傾向が見えてきます。

好奇心

広告業界は多種多様な企業と取引を行うため、どんな内容にも興味を示し、理解を深める姿勢を持つことがとても大切です。また、人の興味を引く広告を作るため、トレンドの変化を敏感に察知して、常に新しい情報をインプットする姿勢を持っている人材が求められます。変化の激しい広告業界には、自分から新たな知識を得ようとする意欲がある人が向いています。

柔軟な発想力

クライアントから広告作成を依頼されるパターンとして、細かい条件の中で作成しなければならないパターンや、キーワードだけを与えられ、そのほかは自由に作成するパターンなどがあります。このような条件のもと、広告の作り手はインパクトのあるキャッチコピーや、独創的なアイデアで「どのような商品、サービスであるのか」を、広告を見ている人に知らせなければいけません。
例えば面接で「あなたが○○の商品の広告を出すなら、どのようなものにしますか?」といった質問をされた場合、「いかに面白い案を出せるか」「ライバルとの差別化を図れるか」により面接者の印象に残るかどうかが変わります。

コミュニケーション能力&忍耐力

クライアントの要望に沿った広告を作るためには、何度も社内外の人たちと打ち合わせを重ねてカタチにしていく必要があり、誰とでもスムーズに意思疎通が取れるコミュニケーション能力が必要となります。
また、多くのクライアントにとって広告とは、決して安くはない金額を払い、売上や集客、認知度のアップを図る投資活動の一つです。そのため、クライアントが納得するまで何度も修正を繰り返し、作り直す忍耐力も必須と言えます。
面接の場では、コミュニケーション能力と忍耐力の有無を試す質問として、意外性のある質問や、揚げ足をとる質問をされるケースがあり「落ち着いて答えることができるか」というところをチェックされているようです。

リーダーシップ

チームで仕事をこなしていくことが多い広告業界では、一緒に働く仲間をまとめる・牽引するリーダーシップがあると評価されます。チームリーダーやプロジェクトリーダーなどの経験がある方は面接時に積極的にアピールしましょう。

広告に対する気持ち

言うまでもありませんが、広告に対する強い気持ちがある、というのも求められる人物の一つです。どの業界でも共通していることですが、好きなことや興味のある分野でなければ仕事を継続できませんし、良いものを生み出すこともできません。面接では「好きな広告やCMは何ですか?」「それは、どうしてですか?」といった、広告に対する思いを確認するための質問があります。

広告業界の面接質問集

ここでは、広告業界の面接で聞かれる代表的な質問をご紹介します。今回ご紹介する質問の例を参考に、あらかじめ自分なりの回答を用意しておきしょう。

前職に関する質問

面接では前職に関する質問を投げかけられることがよくあります。「前職ではどのような人物だと評価されていたか」「前職での経験をどう活かし、貢献していくのか」「仕事でどのような失敗をしたことがあるか」などの質問をされる可能性があることを想定して回答を考えておきましょう。回答のポイントは、評価された理由や失敗した後の解決方法、失敗から学んだことなどを併せて答えられるようにしておくことです。内容に説得力が増し、面接官へ自身のことをしっかりとアピールできます。

好きな広告・CMは何ですか?

好きな広告やCMを聞く質問には「応募者がどんなセンス、発想力の持ち主なのか」を知りたいという面接官の意図があります。回答のポイントとしては、できるだけ面接先の会社が作成した広告を選ぶことです。
また、好きな広告に関連して「その広告のどこが好きなのか?」「どのような訴求効果があると思うか?」のように、深く聞かれることもあります。そのため、なぜその広告が好きなのかを分析した上で、作成された意図や戦略を考慮して論理的に答えられる準備をしておきましょう。

どのような広告を出しますか?

面接官が、ある商品やサービスの広告戦略について聞く質問です。「あなたならどのようなキャッチコピーをつけますか?」「どんな人物を起用しますか?その理由は?」というように、質問のパターンが豊富にあります。回答のポイントは、既存の広告にはない、新たな案を出すことです。面接という緊張の場面、すぐにそのような回答が思いつくのは非常に困難ですが、うまく回答できた場合はライバルと大きく差をつけることができるでしょう。

広告業界の現状をどう思いますか?

広告業界全体に関する質問で、広告業界についての興味や知識の確認といった意図があります。広告業界の現状だけでなく、将来性や課題、その対策など、広告業界について知っていなければ答えられない質問をされます。回答のポイントは、自分の意見をしっかり持つことです。なぜ、そのような意見になるのかを自分で考え、どこを深く質問されても論理的に回答できるようにしておくことが大切です。

広告業界の面接対策

これまでご紹介した質問にうまく対応するには、どのような対策をしておくべきかを確認しましょう。

自分の志望動機・キャリアを見直す

面接対策を行う際はまず「自身の志望動機・キャリアを見直す」ことから始めましょう。「なぜ広告業界に転職したいのか?」その理由を他の人にも分かるように・伝えられるように整理して、前職の経験があれば「広告業界で活かせる経験・スキルはないか?」を再確認しましょう。それらを面接官にしっかりと伝えることができれば大きなアピールポイントとなります。

面接先の会社研究

一般的な会社研究は、会社の特徴を理解し、自分と合っているのかを確認するという目的で行われます。もちろん、広告業界の会社に応募する際も、業績や成長性、勤務条件などを確認してから応募するはずです。しかし、広告業界では「どのような広告を出しているのか」を分析することが重要です。「好きな広告は何ですか?」と質問されたときの対策としてはもちろん、「なぜ、うちに応募したのか?他社でも良いのではないか?」という志望理由を質問された時の対策にもなります。

広告業界の知識を蓄えよう

業界の現状や動向などをしっかりと把握しておくことで、面接対策になります。また、広告業界だけでなく、社会全体のトレンドなどを常におさえておくことで、広告を検討する際の手助けになることでしょう。
例えば「10代の女性向けの商品の広告案を教えてください。」と面接で質問されたとします。いくら広告の知識や柔軟な発想力があったとしても、10代女性の好みやトレンドを理解していなければ良い広告は作れません。さまざまな情報を知っておくことで、入社後に役立つ武器になります。

普段から広告の意図を考えよう

普通に生活していても、広告やCMを目にする機会はたくさんあります。それらの広告は「どういう狙いで作成されたのか」「誰に向けられている広告なのか」「自分ならどのような広告を出すか」といったことを常に考えることで、発想力が養われます。発想力は急に身につくものではないので、日ごろの努力が必要です。このようなシミュレーションを習慣にすることで、面接で急にアイデアを求められたときの対策になります。

ロジカルに説明する

面接では「なぜ?」と内容を深掘りする質問が多くなります。「なぜうちを選んだのか?」「なぜ興味を持ったのか」など、面接で理由を聞かれる質問に対して、論理的で分かりやすく説明できるようにしておきましょう。論理的に自身の考えを述べたり、理由を説明したりする能力は業界を問わず歓迎されます。面接対策を行う際は、ロジカルに説明するという点を意識して、受け答えの準備を行いましょう。

広告業界の面接を乗り切ろう

今回は、広告業界の面接で聞かれる質問や、回答のポイント、その対策方法をご紹介しました。広告業界の面接では、回答に論理性と独創性を求めるといった特徴があります。面接の準備をするときには、この2つを意識して、仮の回答を考えておきましょう。もちろん、今回ご紹介した質問以外にも、予想外なことを聞かれることはあります。どのような質問をされるかは、面接の本番にならなければわかりません。普段から広告のことを考えて、知識を蓄え、発想力を磨き、面接に臨みましょう。

広告業界の求人を見てみる>>