Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

上司も納得する退職の伝え方とは?例文を紹介!

退職の伝え方次第では、退職手続きがスムーズに進まないことがあります。そういった状況を回避するために、上司も納得する退職の伝え方の例を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

上司に退職を伝える時に注意しておきたいポイント

円満退職をするためには、上司に退職の旨をしっかりと伝える必要があります。どのようなことに注意すべきかをご紹介します。

書面には一身上の都合で問題ない

上司に退職願を伝えるのは勇気がいります。また退職する時の理由を聞かれることもありますが、書面上は一身上の都合とだけ記載していれば問題ありません。具体的な退職理由も記載する必要がないので、どんな理由があっても基本的には退職の意思は労働者自身で決めることができます。そのため、どんな言い訳を考えようとするのではなく、素直に「一身上の都合」と上司に伝えるようにしましょう。

相談ではなく報告

上司に退職の旨を伝える場合、相談するのではなく、「何月何日に退職します。」ときちんと報告することが大切です。曖昧な「退職したいと考えています。」といった内容は、相談と受け止められて、退職を説得させられる可能性があります。真剣に退職の意思を上司に受け取ってもらうために、相談ではなく報告としてアピールすることが重要です。そのためにも、具体的な退職日程と真摯な回答を用意しておくようにしましょう。

直属の上司と1対1の状況を作り、退職を伝える

退職の旨を伝えるのは、直属の上司に伝える必要があります。デスクでの日常的な会話として行うのではなく上司に予定を空けてもらうことで1対1の状況を作り、真剣な話し合いの場を設けるようにしましょう。

引き継ぎの猶予を考えて退職の意思を伝える

退職の相談と受け取られないように、報告として退職の旨を伝えることは大切ですが、唐突に「何日までに退職するので手続きはどうしたらいいですか?」と言われると、無責任な人間と思われてしまいます。基本的には、引き継ぎの余裕を持って退職することが重要で、期間としては1~2ヶ月くらいを準備しておくとよいと言われています。社会人としてマナーを守って、退職の意思を伝えるようにしましょう。

退職理由の伝え方例文:一身上の都合

退職理由の主な原因として記入することが多いのが、「一身上の都合」という内容です。具体的に退職理由を話す必要はないので、一般的には一身上の都合で問題ありません。法律上は、退職理由を言わなくても問題ありませんが、理由を言わないと話が進まないこともあるので、どのように退職を伝えるのか、例を紹介していきます。

一身上の都合(例)

・一身上の都合で退職を希望しています。

基本的には、書面上で伝える際も、口頭で説明する際も、例文の内容で問題ありません。民法上では解約の申し入れを行えば、2週間以上で退職することができるので、深く考えずに退職の旨を伝えましょう。

・親の介護が必要で、今の働き方を続けることが厳しくなりました。

自身の親が高齢で介護が必要になった場合、仕事を続けることが難しくなるケースも珍しくありません。その場合は、素直に退職理由を報告するといいでしょう。

介護の大変さは上司の方が理解していることもあり、家庭のことであるため口出しする方も多くはありません。ほとんどの場合は、納得して退職について追及されることはないでしょう。しかし、嘘はよくないので、親の介護が本当に必要な場合に回答する例です。

退職理由の伝え方例:体調面での不安

退職理由の一つとして、慢性的に体調が優れないことで今の業務が続けられず、退職を希望するケースもあります。体調面での不安から退職する場合、どのような伝え方が正しいのか、例を紹介しましょう。

体調面の不安(例)

・ここ最近、体調が優れず、急に体調が悪くなり仕事に支障が出ないためにも、今のうちに引き継ぎを行いたい。

体調が悪いと言っている方を無理に引き留めることは、会社としても難しいことです。診断書を提出すると、さらに説得力が増します。診断書を取得できない場合、体調面でどのような不安があるのかを、できるだけ伝えるようにしましょう。

退職理由の伝え方例:チャレンジしたい業界がある

元々、志望していた仕事を諦めきれず、夢を追いかけることを選択して退職を希望するケースがあります。ネガティブな理由よりも、応援する気持ちから円満に退職することができるでしょう。具体的には、どのような伝え方が望ましいか紹介していきます。

チャレンジによる退職(例文)

・元々、○○の業界で働くことを夢見ていました。今の仕事もやりがいがありますが、夢を諦めきれないため、やりたいことのチャレンジのために退職させてくたさい。

残業が辛い、待遇が悪いなどネガティブな内容を退職理由とした場合、解決案を上司から提案されて、退職がスムーズに進まないことがあります。その場合は、チャレンジしたいことがあると、別の道を示唆することで、背中を押されながら退職することが可能です。どのような道に進みたいのか、具体的に話す内容を準備しておきましょう。

なお、実際にチャレンジしたい業界がある場合は、速やかに転職を行うことができるように資格やスキルの取得を目指し、計画的に退職を行えるように行うことをおすすめします。計画性もなく退職してしまうと、生活が困窮するきっかけになってしまうので、必ず退職後の生活も考えて行動するようにしましょう。

まとめ

退職の旨を上司に伝えるのは勇気がいりますが、決意が固いのであれば先延ばしにしても良いことはありません。どのような伝え方をすればいいのか分からないという方は、今回ご紹介した例を参考にしてみてください。自分の気持ちを誠心誠意伝えれば、上司に納得してもらえるはずです。

お仕事検索

Webクリエイター系職種から探す
Webエンジニア系職種から探す
広告/出版クリエイター系職種から探す
その他の職種から探す
雇用形態から探す
こだわり条件から探す