Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

未経験のWebデザイナーの面接対策【想定質問15選】!面接では、どんなことを質問される? 逆質問も準備しておこう。

「書類選考を通過できた! 次は面接!! でも、どんなことを聞かれるんだろう? どう答えたらいい?」――面接は誰でも緊張し、不安に思うものですが、業務経験がなくこれからWebデザイナーになろうと考えている人にとっては、なおさらのことでしょう。

聞かれる質問を事前にイメージし、準備することができれば、面接時の緊張・不安も少しは軽減できるはず。ここでは実務未経験のWebデザイナーが面接時に聞かれるであろう、『想定質問』をピックアップしてご紹介します。また、ひと通りの質問が終わった後、「何か質問はありますか?」と問われた時に、聞いておくべき『逆質問』もご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

■目次
1.未経験のWebデザイナーが面接時に聞かれる想定質問

 質問1:なぜ、Webデザイナーになろうと思ったのですか?
 質問2:(色々な会社がある中で)なぜ、当社のWebデザイナーになりたいと思ったのですか?
 質問3:当社で何がしたいですか?
 質問4:デザインとコーディングはどちらが得意ですか?/好きですか?
 質問5:コーディングをする上で意識していることはありますか?
 質問6:イラストは描けますか?
 質問7:日常的にチェックしているサイトや本などはありますか?
 質問8:WebサイトやLPなど、あなたが一番好きなデザインを教えてください
 質問9:(ポートフォリオなどを見ながら)このデザインにした理由を教えてください
 質問10:Webデザイナーになるための、自分なりの努力や工夫などがあれば教えてください
 質問11:プロジェクトに取り組むとき、一人で進めたいですか?またはチームで進めたいですか?
 質問12:クライアントから全面的にデザインの作り直しを指示された場合、どう対応しますか?
 質問13:入社から1年後に、Webデザイナー以外への異動をお願いしたらどう返答しますか?
 質問14:将来的にどうなっていたいですか?また実現のためには、どうすればよいと思いますか?
 質問15:Webデザイナーとして当社で活躍できる人材であることをアピールしてください

2.未経験のWebデザイナーが面接時に聞くべき逆質問

 逆質問1:御社に採用していただいた場合、具体的にどのような仕事からスタートしますか?また、そのためにやっておくべき勉強などがあれば教えてください
 逆質問2:使っているソフトやOSなど、制作環境について教えてください
 逆質問3:(言える範囲で構わないのですが)ホームページに載せていない実績などがありましたら教えてください
 逆質問4:(色々な実績がありますが)デザイナーのスキル維持・向上のために力を入れているや実施している取り組みなどはありますでしょうか?
 逆質問5:配属先の部署では、どういった職種の方が、それぞれ何名くらい、いらっしゃいますか?
 逆質問6:(私と同じように)未経験からWebデザイナーとして入社された方はいらっしゃいますか? また現在、どのような活躍をされていますか?
 逆質問7:Webデザイナーの方の1日の仕事の流れを教えてください
 逆質問8:(忙しい時期になる前に、できるだけ成長したいと思います)年間の繁忙期・閑散期などがあれば教えてください
 逆質問9:現在、会社全体または配属先の部署で何か取り組んでいることはありますか?
 逆質問10:今回の募集で採用した人には今後こうなってほしい、など期待していることはありますでしょうか?

1.未経験のWebデザイナーが面接時に聞かれる想定質問

未経験者の場合は、Webデザイナーとしての具体的な実績はありません。ですから面接で聞くことも、Webデザイナーの仕事に就きたい熱意、デザインスキルを身につけるまでの経緯、成長へのポテンシャルなどをはかる内容のものが多い傾向にあります。それぞれに質問意図がありますので、それを汲み取った回答ができるように準備しておきましょう。

質問1:なぜ、Webデザイナーになろうと思ったのですか?

質問意図:「どれほどWebデザイナーへの熱意があるか」「成長したい気持ちが強いか」「続けられる情熱があるか」

未経験の場合、どれほど学校/独学でWebデザインを勉強していたとしても実務レベルで考えると十分なスキルとはいえず、採用企業としても「最低限のスキル」くらいにしか期待していないケースも少なくありません。

それでは何で判断しているのか――多くの場合、継続性・成長性・会社との相性を重視しています。

この質問を通して採用企業が確認したいのは、そのうちの「継続性」と「成長性」です。Webデザイナーへの熱意が強ければ、ちょっとした挫折にも負けず、理想に近づくために努力をしてくれるであろう、と採用企業は期待します。「Webデザイナーになろうと思ったきっかけは何だったのか?」「Webデザイナーになって何を実現したいのか?」など、具体的なエピソードも交えつつ、自分なりの言葉でまとめると熱意が伝わるでしょう。

質問2:(色々な会社がある中で)なぜ、当社のWebデザイナーになりたいと思ったのですか?

質問意図:「どれくらい会社に対する熱意があるか」「長く働いてくれそうか」「どれぐらい企業研究をしているか」「事業内容・サービスへの共感はあるか」

質問1の質問意図と近しいですが、質問1よりも「継続性の強さ」がわかります。採用企業としては、“Webデザイナー”への情熱だけでは不十分で、“自社でWebデザイナー”として活躍し続けてもらえなければ意味がないのです。採用担当によっては、この質問を最も重視している場合もあります。

では採用担当は、この質問を通じてどのように会社への熱意の強い・弱いを判断しているのか? 採用担当によって様々な判断基準はありますが、多くの採用担当がチェックしているのは、企業研究をどこまでやっているか、という点です。

もちろん採用担当も、企業研究をしているか否かだけでは自社への情熱の強さを判断することはできない、というのが正直なところでしょう。ただ少なくとも、求職者が一定の時間をかけて自社について観察し、勉強した上で、入社したいと思っている、ということは分かります。応募動機を伝えるときには、企業研究の足跡と、そこから得たものを明確にわかるように伝えましょう。

また、その会社だからこその応募動機を伝えることもポイントです。他社でも言える応募動機になっている場合、採用担当によっては「それであれば○○社でもできますよ」と言われてしまいますので注意しましょう。事業内容・企業理念などへの共感があれば、採用企業ならではの応募動機になりやすくなります。

質問3:当社で何がしたいですか?

質問意図:「どれくらい入社への熱意があるか」「目的意識から成長性を感じるか」「どれぐらい企業研究をしているか」「事業内容・サービスへの共感はあるか」

質問2に追加する形で、よく聞かれる質問です。強い目的意識と熱意が感じられると「この人は当社でWebデザイナーとして活躍し続けてくれそうだ」という判断になります。

回答のポイントは、質問2と同様になってしまいますが、その会社だからこそできることを伝えるようにしましょう。事業内容・企業理念などと自身の思いや方向性があっていると、企業との相性の良さも感じられます。

質問4:デザインとコーディングはどちらが得意/好きですか?

質問意図:「会社で必要としているスキルがあるか」「どの部署に配属するか」

この質問が出るということは、WebデザインだけはなくWebデザインとコーディングの両方を行う、もしくはWebデザインとコーディングで部署が分かれている、などが予想されます。

この質問に対する回答として大切なことは、自分の「得意・不得意」を正直に伝えること。コーディングが不得意なのに、「コーディングが得意です」と伝えて入社しても、実際の現場で苦しむだけですし、周囲からも信頼されなくなります。

また、得意・不得意を伝えるだけではベストな回答とは言えません。得意であれば自己評価としてではなく、たとえば「学生時代は、デザインを褒められることが多かったです」といったように第三者評価として伝えると効果的です。ちなみに不得意であればそれはそれとして「克服するために何をやっているか」も補足するようにしましょう。

似たような質問でも「好き・嫌い」を質問された時には注意が必要です。単純に「好き・嫌い」で回答してしまうと本人の感情となってしまいます。「好き・嫌い」を聞かれた場合には、「得意・不得意」に変換して回答するようにしましょう。

質問5:コーディングをする上で意識していることはありますか?

質問意図:「コーディングの心構えを理解しているか」

ほとんどのWebサイトは「作って終わり」ではなく、その後、更新・修正を行う必要があります。そして、その更新・修正作業は、必ずしも作った人が行うとは限りません。つまりコーディングは、その点に配慮して誰もが更新・修正しやすいように行うことが、基本の心構えとなります。

コーディングのスキルやスピードも大切ですが、採用担当者が未経験のWebデザイナーの方に最低限確認したいのは、このコーディングの心構えを理解しているか、ということ。この質問に答えるときには、まずは他者を意識したコーディングを行えることを伝え、その上でスキルやスピードなどをアピールするようにしましょう。

質問6:イラストは描けますか?

質問意図:「イラストは描けるか?」

描けるなら「描ける」、描けないなら「描けない」と正直に伝えましょう。質問4と同じく、できないことをできると嘘をつくのはNGです。

ただし、「描ける」「描けない」だけで終わらせるのではなく、「描ける」のであれば、どういったイラストが得意なのかなどをアピールして、「描けない」のであれば、「外部に発注するためのラフは描けます/指示はできます」など、イラスト制作の仕事の中で、自分ができそうなことを伝えるようにしましょう。

質問7:日常的にチェックしているサイトや本などはありますか?

質問意図:「情報収集のアンテナを張っているか」「どんなアンテナの張り方をしているか」

Web業界は日進月歩です。Webデザイナーとして成長し続けるために、情報収集のアンテナを張っている必要があります。この質問は、その素養を確認するためのものです。

たとえば、「○○というデザイン専門誌を購読して勉強している」「最新トレンドを配信している○○というサイトを定期的にチェックしている」「セミナーに通っている」「デザイナー仲間と情報共有のための会合を開いている」など、できるだけ具体的に伝えるようにしましょう。

また、追加質問で「最近、特に気になったことは?」などと聞かれる場合もありますので、その回答も準備しておきましょう。

質問8:WebサイトやLPなど、あなたが一番好きなデザインを教えてください

質問意図:「Webデザインの本質が理解できているか」「説明できるコミュニケーション力があるか」

WebサイトやLPの制作において、ただ見た目が美しいデザインを求められることは、ほとんどありません。多くの場合、顧客獲得や売り上げアップなどの目的を達成するためのデザイン設計が求められ、これこそがWebデザインの本質とも言えます。

面接担当が確認したいのは、このWebデザインの本質が理解できているか、ということ。ただ「カッコいいから」「オシャレだから」という理由でWebサイトやLPを選んでしまうと、Webデザインの本質が理解できていないと判断されてしまいます。

回答する時には、好きなWebサイトやLPを挙げつつ、Webデザインの本質が理解できていることが伝わるように、好きな理由も論理的に説明するようにしましょう。

質問9:(ポートフォリオなどを見ながら)このデザインにした理由を教えてください

質問意図:「Webデザインの本質が理解できているか」「ターゲット・コンセプト設計ができるか」「設計意図を説明できるコミュニケーション力があるか」

質問8の質問意図と、ほぼ同様です。ただし、自らが制作したものになりますので、どのようなターゲットを想定し、どのようなコンセプトでデザイン設計したのかも説明する必要があります。

この質問は、ポートフォリオを見ながら説明できますので、ポートフォリオ自体に補足をつけておくと安心して回答することができるでしょう。

質問10:Webデザイナーになるための、自分なりの努力や工夫などがあれば教えてください

質問意図:「どのくらい成長性がありそうか」「創意工夫するアイデア・発想力はあるか」「何を努力と考えるか」

既述しましたが、採用担当が未経験のWebデザイナーの方に期待するものの一つが「成長性」です。入社後、おそらく誰を採用しても、誰しもが実務を通してある一定レベルまでは成長できるでしょう。しかし、実務から得るものだけでは成長に限界があります。入社後の成長性・成長スピードは、Webデザイナー個々の努力によって左右されます。この質問はその素養を確認するためのものです。

また、この質問を通して求職者が「何を努力と考えるか」もわかります。これは採用担当によって感じ方が異なるので一概には言えないのですが、回答内容によっては「それは当たり前のことで、努力とは言えない」と思われてしまう場合もあります。特に見つからないという人は、周囲のWebデザイナー仲間に質問をして、自分の勉強方法として取り入れるとよいでしょう。

質問11:プロジェクトに取り組むとき、一人で進めたいですか? またはチームで進めたいですか?

質問意図:「制作現場との相性はよいか」「どのポジションに配属するか」

シンプルに「制作現場との相性」を確認するための質問です。ただ、未経験のWebデザイナーの方を採用しようと考えている多くの会社は、教育するためのチームを組んでいることがほとんどです。

単純作業を求められる仕事でなければ、「チームで取り組みたい」と回答するのが無難と言えるでしょう。

質問12:クライアントから全面的にデザインの作り直しを指示された場合、どう対応しますか?

質問意図:「社会人として最低限の対応力はあるか」「報告・連絡・相談はできるか」

Webデザイナーに限らず、クリエイティブの現場ではよくあるシチュエーションです。「気の利いた対応方法を回答しなければ」と構えるかもしれませんが、未経験のWebデザイナーの方にそれを求めるのは酷な話。そこまでを求めるものではありません。

この質問で採用担当者が確認したいのは「社会人として最低限の対応力があるか」ということです。「上司やチームメンバーに報告し、判断を仰ぐ/相談する」「何が修正すべき点なのかクライアントに確認する」「修正スケジュールする」など、どんな仕事でも立場でも、共通する“当たり前”の立ち振る舞いを思い出すとよいでしょう。

質問13:入社から1年後に、Webデザイナー以外への異動をお願いしたらどう返答しますか?

質問意図:「柔軟な対応力があるか」「コミュニケーション力はあるか」

Webデザイナーの面接なのに、ちょっと意地悪な質問です。この質問を素直に受け取ると「職種変更の可能性を示唆されている?」と考えるかもしれませんが、多くの場合、そういうことではありません。採用担当者としては、このような理不尽な要求があった場合の、対応力やコミュニケーション力を確認したいのです。

この質問に正解といえる回答はありませんが、たとえば「一度異動してみて、勉強をしながらWebデザイナーへの復職のチャンスを探ります」「自分にどのような才能があるか分からないので、ポジティブにとらえてチャレンジしてみたいと思います」などと答えられると悪い印象にはならないでしょう。逆に、過剰に動揺して「Webデザイナーとしていられないなら会社を辞めます」と安易に退職を選択するような回答はやめておいたほうがよいでしょう。

意地悪な質問には真正面から向き合わず、ちょっとした笑いに変えるくらいの柔軟性のある回答をするとコミュニケーション力が高いと思われます。

質問14:将来的にどうなっていたいですか?また実現のためには、どうすればよいと思いますか?

質問意図:「目標意識から成長性を感じるか」「課題を改善する力があるか」

これも「成長性」を確認するための質問ですが、目先のことだけではなく、将来を見据えている人のほうが、より強い成長性を感じます。Webディレクターを目指したいのか、デザインのスペシャリストなりたいのかなど、あなたが描いているキャリアビジョンを率直に伝えましょう。

ただ、この質問で本当に採用担当が知りたがっているのは、「それを、どうやって実現するか」ということ。自ら課題を見つけて、それを解決する力があることをアピールしましょう。

質問15:Webデザイナーとして当社で活躍できる人材であることをアピールしてください

質問意図:「コミュニケーション力があるか」「プレゼン能力があるか」

これまでの総括といえる質問です。必ずしも、これまでに言っていない新しい情報を盛り込まないといけないわけではありません。大切なことは、採用企業にとって最も魅力に感じるポイントを伝えることです。採用企業の事業内容やサービスに貢献できる、会社や組織が抱えている課題の解決に役立てることなどを回答できるとよいでしょう。

さらに、その内容が独自性の高いものであれば、より採用担当の記憶に残りやすくなります。面接を受けているのは、あなた一人ではありません。インパクトあるプレゼンができれば採用にぐっと近づくことができるでしょう。

2.未経験のWebデザイナーが面接時に聞くべき逆質問

ひと通りの質問が終わった後、最後に想定されるのが「何か質問はありますか?」の質問。この時の面接担当者への質問『逆質問』では、正直に聞きたいことを聞いて、その会社が本当に自分に合うかを確認したいところですが、聞く内容・聞き方によっては熱意がないと思われてしまいます。

ここでは会社の情報を収集しつつ、自分の熱意や意欲をアピールできる逆質問などを、いくつかご紹介します。すでに説明された内容を質問するのはNGですので、丸暗記するのではなく、面接内容によって使い分けられるようにしておきましょう。

逆質問1:御社に採用していただいた場合、具体的にどのような仕事からスタートしますか?また、そのためにやっておくべき勉強などがあれば教えてください

具体的な仕事内容や、やっておくべき勉強について聞く質問です。もちろんそれは知るべき情報ですが、本当の狙いはそれらを確認することで、仕事への意欲をアピールすることです。

とはいえ、採用から実際に働くまでの期間で、現場で求められるスキルを身につけることができれば、その努力はちゃんと会社から評価されるはずです。新しい職場で良いスタートを切るためにも聞いておきたい逆質問です。

逆質問2:使っているソフトやOSなど、制作環境について教えてください

使っているソフトやOSなどの制作環境などを聞くことで、その企業がWebデザイナーの制作環境に対し、どれだけ配慮しているかが分かります。

使っているデザインソフトのバージョンが古ければ仕事のパフォーマンスが落ちますし、ディスプレイの数やサイズによって作業スピードに影響がでるでしょう。企業の中には、基本的に長時間座りっぱなしということが多いWebデザイナーの体調などをおもんばかって疲れにくいデスクチェアを用意しているところもあります。制作環境は、その会社で長く働き続けるための一要素です。入社前に確認をしておきましょう。

逆質問3:(言える範囲で結構ですが)ホームページに載っていない実績などがありましたら教えてください

制作会社などの場合、クライアント企業の都合によって、実績をオープンにできないといったケースがよくあります。また、ホームページの更新ができておらず、古い実績しか載せていないことも少なくありません。

実はその会社で携わるチャンスがあるのに、それを知らずに「自分の求めている仕事がない」と判断して、採用を断ってしまうのは非常にもったいない話です。自身の実績にもつながる話ですので、しっかりと確認しておきましょう。

逆質問4:(色々な実績がありますが)デザイナー教育に力を入れているなど、何か取り組まれていることはありますでしょうか?

未経験のWebデザイナーの方であれば教育制度について気になるところでしょう。ストレートに聞いてしまってもよいのですが、質問3に便乗するとスマートです。

なお、会社によって用意されているデザイナー教育制度は様々です。OJT研修や社内研修だけではなく、資格取得補助、デザイン関連の書籍購入費補助、社外イベント・セミナーの受講料負担などもあります。求人情報サイトなどを見て、色々な企業の教育制度を知っておくと、教育制度の充実度を自分なりに判断することができます。

逆質問5:配属先の部署では、どういったポジション/職種の方が、それぞれ何名くらい、いらっしゃいますか?

単純に配属先の部署の人数を知りたいわけではありません。この質問をすることで、その会社が抱えている業務量と、働いているスタッフの人数をはかることで、仕事の忙しさなどをイメージすることができます。

もちろん仕事を外注している可能性もあります。あきらかに人数が少ないと感じた場合には、「○○名だけで、そんなに大きな仕事をしているんですね」「外部スタッフは何人ぐらいいらっしゃるんですか」などと質問すると、聞き方としてはスムーズです。

また、同じポジション/職種の方が何名いるかを確認することによって、仕事のサポートをお願いしやすいか、休暇を取得しやすいか、などがわかります。未経験のWebデザイナーの採用を考えている企業であれば単独ポジションという可能性はほとんどないでしょうが、念のため確認しておきましょう。

逆質問6:(私と同じように)未経験からWebデザイナーとして入社された方はいらっしゃいますか? また現在、どのような活躍をされていますか?

自分と同じような道を通ってきた先輩が在籍しているのであれば、これほど頼もしいことはありません。入社後は何かしらの教育制度が用意されていることが期待されますし、そうでないにしても教えを乞える存在になってくれるはず。現在の活躍ぶりを聞くことで、自分の将来像もイメージしやすくなるでしょう。

また教育の面だけではなく、未経験のWebデザイナーの気持ちがわかる人がいることで、仕事の悩みも相談しやすく、その会社での働きやすさにもつながります。

逆質問7:Webデザイナーの方の1日の仕事の流れを教えていただけませんか?

「定時に帰れますか?」「残業は多いですか?」といった逆質問は、基本的にはNGです。「仕事のやる気がないのでは?」と採用担当に思われてしまいます。

そこで聞き方を変えたのが、この質問です。Webデザイナーの1日の仕事の流れを聞くことで、残業の多い・少ないを、なんとなく知ることができます。

しかし最近では、採用担当側から残業の話題を出すケースも多く、その点を隠そうとする会社は残業が多いと思ったほうがよいでしょう。

逆質問8:(忙しい時期になる前に、できるだけ成長したいと思います)年間の繁忙期はいつですか?

逆質問7と同様、残業について確認するための質問です。逆質問7だけでは、その働き方が繁忙期に限ったものなのか、閑散期のものなのか、恒常的なものなのかが分かりません。

採用担当側から歯切れの悪い返答だったら、求職者側も相当の残業があると覚悟しておいたほうがよいでしょう。

逆質問9:(仕事だけではなく色々な面で会社に貢献でればと考えています)現在、会社全体または配属先の部署で課題に感じていることはありますか?

面接時、採用担当から会社のマイナス情報を積極的に教えてくれるところは多くはありません。しかし、働く側としてはその点についても知っておきたいところです。

そこで、会社の弱みや問題点を、「課題」と置き換えて質問してみましょう。「まだまだ人事制度や福利厚生が整っていない」「制作スタッフの定着率がわるい」などの話が聞けるかもしれません。

面接は、採用企業が働き手を選ぶだけではなく、働き手も採用企業を選ぶことができる場です。その会社のプラスの情報だけではなく、マイナスの情報も引き出すようにしましょう。

逆質問10:今回の募集で採用した人に今後こうなってほしい、など期待していることはありますか?

想定質問14「将来、どのようになっていたいですか?」の逆のパターンです。自分のキャリアビジョンと、会社が求める成長イメージが近いか/離れているかを確認するのが狙いです。

両者が離れていると自分のキャリアビジョンを実現しづらい可能性があります。実務経験を積むためのステップアップの足掛かりとして考えているのであればよいのですが、長く働き続けることも想定しているのであれば確認しておきましょう。

まとめ:面接官によって質問は千差万別。質問意図を汲み取って回答しよう

想定質問をいくつかご紹介しましたが、質問の仕方は面接官によって千差万別、一言一句同じ質問はありません。しかし、質問の仕方は変わっても質問意図のパターンは、それほど多くはありません。大切なのは質問意図や主旨を理解し、企業研究や自己分析を通じて自ら考え、自分なりの答えを伝えることです。
逆質問についても、たしかに自己アピールにつなげるテクニックはありますが、本質としては理想の職場で働くための情報収集です。自分がどんな職場で働きたいか・働くべきかを真剣に考えたら、自分だけの逆質問が生まれてくるはずです。
今回ご紹介した想定質問・逆質問をヒントに、自分なりの考えを整理することで、面接時の緊張・不安もやわらいでいくはずです。しっかりと準備をして面接を乗り切りましょう。

※未経験のWebデザイナーに限らず、一般的に想定される質問は、こちらにまとめています。あわせてご確認してみてください。

▶面接対策マニュアル ~想定質問 編~
https://webist-cri.com/article/detail/1982
▶面接対策マニュアル ~逆質問 編~
https://webist-cri.com/article/detail/1995
Webのお仕事選びは
Webistにお任せください。
Webistに登録する(無料)

お仕事検索

Webクリエイター系職種から探す
Webエンジニア系職種から探す
広告/出版クリエイター系職種から探す
その他の職種から探す
雇用形態から探す
こだわり条件から探す