Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

Webディレクターの仕事内容とは?企業の事業形態・サイトの種類によって異なる違いも解説

Webディレクターは、Web系クリエイティブ職種のなかでも特に求人数・転職希望者数が多い人気のポジションです。しかし、一口にWebディレクターと言っても、その仕事内容は一律ではありません。
今回は、Webディレクターの主な仕事内容と、企業の事業形態や担当するサイトの種類によって異なる仕事内容について詳しく解説します。

Webディレクターの主な仕事内容とは?

Webディレクターの役割は、WebサイトやWebサービスの制作・運営における「司令塔」です。さまざまな専門分野のクリエイターを指揮して、企業が求める目的の達成を目指します。Webディレクターの仕事は、その目的によって異なりますが、一般的には以下のような仕事を行います。

企画・提案

新規にWebサイトやWebサービスを立ち上げる場合、多くは企画・提案がプロジェクトの起点となります。クライアント企業の要望を深く理解するために「なぜWebサイトやWebサービスを立ち上げたいのか」「どういった目的を実現したいのか」など、ヒアリングを実施。その上で企画・提案を行います。あくまでもディレクター個人にとって面白いかではなく、目的に即した企画であることが求められます。

各種ドキュメントの作成

クライアントとの折衝・契約や、プロジェクトメンバーへの指示・情報伝達などを行うWebディレクターは、それらを明確にするためにドキュメント作成業務が多く発生します。

<ドキュメント例>
・ヒアリングシート
・提案書・企画書
・見積書
・プレゼンテーション資料
・ディレクトリマップ
・ワイヤーフレーム
・スケジュール進捗管理表 など

プロジェクト体制の構築・制作ディレクション

企画を遂行するために必要な人員・環境を整えます。限りある予算の中で適材適所の人員配置はもちろん、リスクやトラブルに対応し得る体制の構築を目指します。プロジェクト体制を整えたら、制作の方向性をスタッフに指示します。双方の認識に齟齬があると、作り直しなどが発生しスケジュール遅延などに繋がってしまうため、この段階でしっかりと固めておくことが大切です。

進行管理・クオリティ管理

実際にプロジェクトが動き出すと、当初のスケジュール通りに進行することはほとんどありません。企画意図とのズレから制作物の作り直しが必要になったり、バグを修正したり、制作スタッフの急病など、何かしらのトラブルやアクシデントは発生するものです。
これらを未然に防ぐために、制作スタッフとコミュニケーションをとり、各種状況を把握する必要があります。実際に発生した際には、その余波を最小限に留め、必要であればスケジュールや人員体制の再構築を行わなければなりません。また決められたスケジュールの中で、可能な限り制作物のクオリティを高める、そのバランス力もWebディレクターには求められます。

分析・改善

WebサイトやWebサービスは、制作して終了、ではありません。現状のサイトが企画の目的を達成しているか、解析ツールなどを使った効果検証・分析を実施します。サイトが抱える課題について全容を把握できたら、優先度が高い課題をピックアップして解決策を講じます。
解決策をもって「企画・提案」フェーズに戻り、「プロジェクト体制の構築・制作ディレクション」「進行管理・クオリティ管理」「分析・改善」を繰り返しながら、WebサイトやWebサービスのブラッシュアップを図ります。

企業の事業形態によって異なるWebディレクターの仕事内容とは?


前述した仕事内容はベースに、所属する企業の事業形態によってWebディレクターの仕事内容は異なります。本章では以下の4つの事業形態に分類して、それぞれ仕事内容を紹介します。

制作会社

Web制作会社は、事業会社や広告代理店からの依頼をもとに、Webサイト構築やWebコンテンツ制作を行うことが主な業務です。その司令塔を担うWebディレクターは、Webデザイナーやコーダー、ライターなどに適切な制作の指示・管理監督を行う必要があり、他の事業形態のWebディレクターと比較すると、より実制作に関する知識およびスキルが求められます。

広告代理店

広告代理店の主な業務は、各メディアの広告枠を販売することです。広告代理店に所属するWebディレクターには、広告効果を最大化するためのマーケティングに関する知識・スキルが求められます。広告代理店の中には、自社およびグループ企業に制作・開発機能を保有する企業もあり、マーケティングスキルのみならず、制作スキルが求められる場合もあります。

システム開発会社

WebサイトやWebサービスには、その種類・用途に応じてWebシステムが使われています。ECサイトを例に挙げると、商品を探す時に使う検索機能や、商品を購入する時に使う決済機能、商品・顧客情報を管理するデータベース(DB)など、複数のシステムが組み込まれています。事業会社や制作会社からの依頼のもと、そのようなシステムの企画・開発・実装や保守・運用を行うのがシステム開発会社です。
システム開発会社に所属するWebディレクターには、クライアントから依頼されるシステム要件を整理し、システムエンジニアやプログラマに適切な開発の指示・管理監督を行うための知識・スキルが求められます。さらに、ただ動作要件を満たすだけはなく、システムを利用するのが「人」であることを踏まえ、システムのユーザビリティを追求することも必要となります。

事業会社

事業会社は、独自にWebサイトやWebサービスを展開し、ビジネスに活用している企業を指します。事業会社に所属しているWebディレクターは、WebサイトやWebサービスの構築・運用・保守に際して、全てを管理・監督する必要があり、Webに関する幅広い知識・スキルが求められます。企業によっては「Webマスター」「Web担当者」などと呼ばれていることもあります。
全てにおいて高度な専門知識・スキルが必ずしも求められることはありませんが、連携する部門・部署・外部パートナー企業などに的確な指示を出せるレベルであることは必須と言えるでしょう。

担当するサイトの種類によって異なるWebディレクターの仕事内容とは?


前章では、所属企業の事業形態によるWebディレクターの仕事の違いをご紹介しました。さらに言えば同じ事業形態であっても、担当するサイトの種類によってWebディレクターの仕事内容は異なってきます。サイトの種類は細分すると様々ありますが、本章ではサイトの種類として代表的な4つをピックアップして、それぞれについて仕事内容を紹介します。

コーポレートサイト(企業サイト)

コーポレートサイトは、企業や店舗など「事業者」を紹介するWebサイトのことです。認知度や信頼度の向上、ブランディングなどを目的にしています。コーポレートサイトを制作する際には、クライアントのビジネスについて理解していることが大前提となります。
またコーポレートサイトは、「会社概要」「サービス/商品の説明」「採用情報」「IR情報」「お知らせ(ニュース)」などのページで構成されており、上記目的とは別にページごとの役割があります。たとえば「サービス/商品の説明」では新規顧客の獲得、「採用情報」では社員の獲得、「IR情報」では投資家の獲得など、ページごとの役割を果たすよう、制作ディレクションを行う必要があります。
さらに近年、企業マーケティングの一環として、コーポレートサイトをオウンドメディアとして活用する企業も増えています。自らが主体的に発信する媒体として使われており、映像・記事コンテンツ制作におけるディレクションスキルも求められます。

サービスサイト・ブランドサイト

サービスサイトおよびブランドサイトとは、特定の商品やサービスの情報だけを切り出して作成したWebサイトのことです。サイトを通じて商品やサービスの認知度向上や理解促進を図り、新規顧客および見込み顧客の獲得につなげることが目的です。
サービスサイトやブランドサイトを制作する際には、商品やサービスをより魅力的に伝えるコピーライティングやビジュアルデザインなど、広告クリエイティブの制作ディレクションスキルが重要になります。またコーポレートサイトと同様、オウンドメディア化することもあるため、映像・記事コンテンツ制作におけるディレクションスキルも求められます。

ECサイト

ECサイトは、インターネット上で商品やサービスを販売するWebサイトのことを指します。新規販路の獲得や売り上げ向上を目的に運営されています。ECサイトを制作する際には、サービスサイトやブランドサイトと同様、商品やサービスをより魅力的に伝える広告クリエイティブのディレクションスキルが重要になります。
また、売り上げ管理や顧客管理、商品管理といった管理系スキルや、機能改修のためのシステム開発ディレクションスキルも求めれます。

メディアサイト

メディアサイトとは、まとめ記事やニュース、専門記事などのコンテンツで構成されるWebサイトです。メディアサイト内の広告枠を主な収益源としているため、広告媒体としての価値を高めるためにPV数・ユーザー数を向上させることがサイト運営の主な目的です。そのため、注目度の高い記事や信頼性のある情報など、ユーザーニーズを満たすコンテンツを生み出す編集・制作ディレクションスキルが求められます。
また情報の質だけではなく、より多くのユーザーに届くよう、検索性を高めるコンテンツSEOの知識とスキルも必須となります。

まとめ

一口にWebディレクターと言っても、その仕事内容は、企業の事業形態やWebサイトの種類によって異なります。企業規模や勤務条件だけではなく、自身のキャリアビジョンと照らし合わせて仕事内容を選ぶようにしましょう。まだキャリアビジョンが曖昧な方は、ぜひ一度Webistにご相談ください。Web業界に特化したエージェントが、あなたの転職を全力でサポートします。

Webディレクター求人を見てみる

Webのお仕事選びは
Webistにお任せください。
Webistに登録する(無料)

お仕事検索

Webクリエイター系職種から探す
Webエンジニア系職種から探す
広告/出版クリエイター系職種から探す
その他の職種から探す
雇用形態から探す
こだわり条件から探す