Webディレクターやデザイナー・コーダーなどのクリエイター専門の求人(派遣・転職)サイト【Webist(ウェビスト)】

Webist
 Powered by  クリーク・アンド・リバー社

面接対策マニュアル ~面接準備 編~

多くの人にとって面接は緊張するものですが、
しっかりと準備をすることで、その緊張を和らげることができます。

ここでは面接準備をテーマに
「必要な物」「基本のマナー」「主な質疑応答」などについて解説していきます。
後悔のないように万全の準備を整えて、面接当日に挑みましょう。

<見出し>
◎面接に必要な物をチェックしよう
◎面接の服装・靴・カバンを選ぶ時の注意点
◎面接の髪型・メイクの注意点
◎面接会場までの道順の確認しよう
◎面接の入退室のマナー
◎面接の言葉使い
◎面接の質疑応答に備えよう

◎面接に必要な物をチェックしよう

まずは、面接日に必要な物が揃っているかを確認しましょう。
前日だけで揃えるのが難しい物もあります。
なるべく早めに準備をスタートしましょう。

<チェックリスト>

早めに準備する物 前日までに準備する物
□ 面接用のスーツ・シャツ・ネクタイ □ 筆記用具
□ 面接用の靴・靴下・ストッキング □ ノート・メモ帳
□ 面接用のカバン □ 印鑑
□ 履歴書 □ 携帯電話
□ 職務経歴書 □ 財布
□ ポートフォリオ □ 化粧品(女性の場合)
    □ 替えのストッキング(女性の場合)

◎面接の服装・靴・カバンを選ぶ時に注意点

スーツ・シャツ

転職者の場合、リクルートスーツでは未熟な印象になってしまうため、
ビジネススーツを着用するのが基本です。
サイズが合っていないと、だらしのない印象になるため、
自分の体型にぴったり合っているものを準備しましょう。

スーツ・シャツについては、それぞれ以下の色が無難です。
・スーツ:黒やグレー、濃紺
・シャツ:白シャツもしくは淡い色のカラーシャツ
男性の場合、ネクタイも必要です。あまり派手すぎないものを選びましょう。

なお、上記を満たしている場合でも清潔感があることは大前提です。
シワなどが目立つ場合は、クリーニングに出しておきましょう。

靴・靴下・ストッキング

靴は、男性の場合、紐靴タイプの黒もしくは茶のビジネスシューズを準備しましょう。
靴下は、色合いをスーツに合わせて、柄は無地もしくはワンポイントの物が無難です。
女性の場合、派手すぎない色のパンプスで、ヒールは3~5cmが目安。
ストッキングはカジュアルな物を避け、色はベージュ系を選びましょう。

カバン

カバンは、面接で床に置いた時に立てられる物を選びましょう。
また、面接で応募書類を持参する場合や、説明書類をいただく場合があります。
折らずにA4の書類が入るサイズを選びましょう。
カバンの色は、男性の場合、黒や茶、紺が基本です。
女性の場合、黒や茶、紺以外でも大丈夫ですが、派手な物は避けましょう。

◎面接の髪型・髪色・メイク・ネイルの注意点

髪型・髪色

清潔感があって、すっきりした印象を与える髪型にしましょう。
「前髪で表情が見えない」「整髪されておらず、だらしなく感じる」などはNGです。
女性でロングヘアの場合、後ろで結んでおきましょう。

髪色は、やはり地毛の色が無難ですが、
「黒だと重すぎて暗い印象になってしまう」などの場合、
自然なカラーリングであれば許容範囲と言えます。

メイク・ネイル

面接時のメイクの基本は、ナチュラルメイクであることがポイントです。
ファンデーションは地肌に近い色を選び、
リップはピンク系など薄めの色にすると清潔感を出すことができます。
マスカラはロングタイプを付けずに、派手なアイライナーも避けましょう。
ネイルについてはファッションの要素が強いと捉えられるため、
基本的にしていないほうが良いと言われています。

◎面接会場までの道順の確認しよう

面接の遅刻は厳禁です。
遅刻しないためにも、事前に到着までの道順を確認しておきましょう。
できれば面接日までに一度、面接会場に行っておくと安心です。

当日は、気持ちを落ち着かせるためにも
1時間前を目安に到着しておくのがおすすめです。
早すぎる訪問はマナー違反ですので、
喫茶店などで面接準備をしておきましょう。
なお、面接会場の近くの喫茶店を利用する場合は、
採用担当者も利用している可能性がありますので注意してください。

万が一、電車の事故などで遅刻しそうな場合は、
それが分かった時点ですぐに連絡を入れましょう。

◎面接の入退室のマナー

入室時のマナー

面接室に呼ばれたら落ち着いて入室しましょう。
面接官がすでにいる場合と、後から入ってくる場合があります。
いずれも軽くドアを2回ノックします。

「どうぞ」と声がかかったら、笑顔で「失礼します」と言って入室します。
面接室から何も声がかからない場合、
再度二回ノックして「失礼します」と言って入室します。
面接室に入ったら背を向けずに、後ろの手でドアを閉めましょう。

退室時のマナー

面接が終了したら、採用担当者から渡された書類や名刺を丁寧にカバンにしまいます。
その後、椅子の横に立って「ありがとうございました」とお礼述べて一礼、
ドアの前で再度一礼して、ドアは丁寧に静かに閉めます。
面接官に背を向けないように注意しましょう。

◎面接の言葉使い

「です・ます」の敬語を使い、大きな声でハキハキと話しましょう。
採用担当者と意気投合し、話がはずんだ場合でも、友達言葉はマナー違反です。
最後まで敬語を使いましょう。
敬語や声の大きさに自信がない場合は、
事前に友人や家族などにお願いをして練習しておきましょう。

◎面接の質疑応答に備えよう

面接で採用担当者がチェックしているポイント

採用担当者は以下のようなことなどをチェックしており、
それらを質疑応答によって確認します。

□ ビジネスマナーはあるか?
□ 十分な経験・スキルを持っているか?
□ 会社・配属先と相性はどうか?
□ 仕事への意欲があるか?
□ 継続して働いてくれそうか?

まずは上記を念頭に置いて
企業がどういった人物を求めているかを
事前に研究しておきましょう。

主な質疑応答

面接で必ずと言っていいほど聞かれる質問が、
自己紹介・職歴紹介と志望動機です。
事前に伝えたいことを整理して、
スムーズに話せるように練習をしておきましょう。

なお、いずれもありきたりな表現では印象に残りません。
採用担当者がチェックしているポイントを抑えた上で、
自分の言葉で伝えましょう。

その他、以下のような質問されることが多くあります。
□ 今後のキャリアプラン
□ 過去の経験で一番嬉しかったこと・辛かったこと
□ 仲間・同僚・上司からの評価
□ 長所・短所
できるだけ多くの質問パターンを想定して、事前に準備しておきましょう。

Webのお仕事選びは
Webistにお任せください。
Webistに登録する(無料)

お仕事検索

Webクリエイター系職種から探す
Webエンジニア系職種から探す
広告/出版クリエイター系職種から探す
その他の職種から探す
雇用形態から探す
こだわり条件から探す